思いのままブログ

小浜 萬徳寺から圓照寺

2011年8月17日

萬徳寺を訪れたら、拝観受付には中学生ぐらいの男の子が応対してくれました。

田舎のお寺らしく、微笑ましいです。

本堂では、住職さんが、一通り説明をしてくださいました。

ここは庭園が国指定名勝に指定されています。江戸初期のものです。

本堂で説明を聞いた後、靴に履き替え、階段をあがって阿弥陀様に会いに行きますが、ここには誰もいません。

お参りに来た人を信用されているのでしょうが、なんと大らかなことでしょうか。

まあ、半丈六仏の阿弥陀様は担いでいくわけにはいきませんが、立派な平安後期の仏様でした。

上から本堂をみる。立派です。

ゆっくりと拝観できます。

それから圓照寺です。

ここは初めて臨済宗のお寺でした。

このお堂の中に平安時代後期の252cmの立派な大日如来が座っておられます。

その横に同じく平安後期の不動明王像が立っています。

住職さんの「命がけでようお参りくださった」のお声掛けのあと説明をしてくださり、ごゆっくりとと、お堂を後にされました。

そのあとゆっくり拝観させていただいて、帰り際にありがとうございましたと声を掛けてお寺を後にしました。

回ったお寺すべて拝観料金も400円で統一されており、すべてお堂の中で拝観させていただきました。

とても暑い日で、お堂の中に入ると、ホッするのですが、お堂へたどり着く前には汗だくだくになり、体力的には大変でした。

小浜という小さな町でこんなにたくさんの素晴らしい仏像がお寺で護られていて、それを拝観できる体制が整えられています。

小浜の文化財のHPもきちんと出来ていて、お寺・仏像の画像・説明すべて丁寧に開示されていて半端ではなく素晴らしいと思います。

とても疲れましたが、素晴らしい一日でした。

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。