思いのままブログ

元旦からの出会い~みたらし団子のおくた

2012年1月3日

好きな和菓子屋さんの「樫屋さん」を覗いたら、今日は「予約のお客さん」のみということだったので、ならまちをぶらぶら歩いていると、道沿いにみたらし団子やさんを見つけて、中に入りました。

お店の中に入ると、食べるところは一列に並んだ5人~6人掛けられるテーブルとその奥に2人掛けテーブルがふたつぐらいのこじんまりとしたお店です。

「中で、食べられるは、みたらし団子のみでいいですか?」といわれたので、勿論OK

そこで、おばさんが1人、みたらし団子を食べておられました。

私達家族が一列に腰掛けると、そのおばさんが「みたらし団子が焼きあがるのを待っている甲斐のある味ですよ」と声掛けてくれました。

おばさんは、大晦日に東大寺大仏さんに会いに泊りがけで来て、昨日は小窓から大仏さんのお顔を拝むことができ、今から興福寺に行きますと話しをされてすごくパワフルな人でした。

そうこう話しているうちに私達の前に炭火に焼いた出来立てのみたらし団子が運ばれてきました。

甘口のたれが4人で辛口たれが1人で、食べてみると、みたらしの作りも微妙に変えてあります。

食べているときに、大量にみたらし団子を買いに来た人と話をしているのを聞くと、ここは昔からご主人のお父さんがやっていたのを、息子さんが転職して、後を引き継いだそうです。

和菓子作りから販売まで全部ご主人が1人で切り盛りしているというから驚きです。

そのみたらし団子の美味しかったこと!手造りの本当の美味しい心のこもった美味しいみたらしでした。

それから、お店に並んである、和菓子を買って帰りましたが、それが、また美味しい。

味と値段を比べたら安いと思います。

ならまちを訪れたら、是非行かないといけないお店がまた一つ、増えました。

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。