思いのままブログ

ハイキングというより登山の狛坂磨崖仏

2011年4月14日

ハイキング道に「K16」[K15」などと標識をつけてくれているので、ハイキングマップと照らし合わせ、現在地を確認することが出来ます。

「茶沸観音」という名前のようですが、どうみても観音様ではないと思います。釈迦如来かな。

そこからしばらくいくと分岐点になります。

白石峰という分岐点です。私たちは狛坂磨崖仏に会うのが目的なので、この標識に対して直角方向に進みます。

途中に出会った重ね岩。落ちないのが不思議。

着きました。

4.5m×6.3mの石に彫られた国史跡指定されている石仏です。見事です。

奈良時代末か平安初期に彫られた完成度の高い見事な石仏です。感動(●^o^●)!で、ここまで歩いてこないと出会えない仏様ですが、それだけの価値のある仏様です。

手前の石に彫られた仏様。これは後の時代になります。

遭難しても大丈夫なように赤を着ています。(次女からのプレゼント(^u^)です)

中尊は阿弥陀如来で宣字座に座して、両脇の観音・勢至菩薩は蓮華座上に立っています。

阿弥陀如来の印相は転法輪印に近いけれどはっきりとはわからなかったです。

狛坂の「狛」とういう字が示すとおり新羅彫刻の影響を認めることが出来、近くに石の三重塔がある石塔寺もあり、この辺りには渡来人が住んでいたと思われます。

ここに金勝寺の奥の院として狛坂寺の跡があります。

寺跡の石積みが残っています。

ここで、この木の上に座って、用意してきたおにぎりを食べて昼食をとりました。

今日のベストオブツリーのコブシです。光を求めて上へ上へと高く伸びていっています。

ここから、同じ道を行くのが嫌いな夫の提案で辿った道を引き返すのではなく違う道を進もうということになって、「出合」まで出て

そこから2つに分かれている道のどちらかを行くことにしました。片方は「急」の文字と「笹が多い」。もう片方は「滑」の文字。

私たちは、「滑」を取りました。が、「狛坂磨崖仏」から「出合」までが「急」と「ぬかるみあり」の文字がありました。

結局、狛坂磨崖仏まではハイキングでしたが、そこから先が登山になりました。難行苦行が待ち構えていました。

水晶谷線は本当に水晶の石がごろごろしていました。磨崖仏までは自然散策でこの木の名前は○○といいながら

調子よかったのですが、それから先はみんな寡黙で、黙々と登山を敢行しました。鎖で登らないといけないところもあり、大変でしたが、駐車場に戻ったときには

達成感がありました。

耳岩です。

馬頭観音駐車場から見た景色です。

ハイキングコース入り口のマップです。

しんどい思いもないと達成感もないということを実感した3時間~4時間のハイキング→登山でした。

お疲れさま。

 

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。