思いのままブログ

倉敷美観地区を散策

2011年7月25日

江戸初期の寛永19年(1642年)、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ、以来備中中国南部からの物資の集積地として発展。

倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、町並みを良く残していて、美しい景観を保っています。

白鳥の親子がゆったりと泳いでいます。

本当になまこ壁が美しい。蔵を利用したお店が並んでいます。

船に乗って案内もしてくれます。

川の両側が風情ある散策路になっています。

何度訪れても楽しめます。

途中休憩にcafeに入り、珈琲ゼリーを注文したら、こんなのが出てきました。

後の煙はドライアイスです。ビックリしました(^u^)

大原美術館は大原孫三郎に経済的支援を受けていた、児島虎次郎が西洋の優れた作品を収集したものですが、その児島虎次郎の作品を展示した記念館は、大原美術館とは少し離れた倉敷アイビースクエア内にあります。

倉敷美観地区は、川の両側が綺麗に整備されていて、散策していても飽きることはありません。

川には白鳥が泳いでいるし、船で案内もしてくれるし、両側がなまこ壁の蔵だけでなくアイビースクエアや児島虎次郎記念館などのレンガ造りの西洋建築や非公開の重要文化財の大原邸や井上家住宅・大橋家住宅に楠戸家住宅の外観などが集まって美しい町並みが形成されているのが、倉敷の魅力だと思います。

町屋をそのまま使った社屋の北田証券本店もその中にあり、ホテル・美術館を含めて文化の香りを漂わせながら現在進行形で機能しているのが町をより一層活き活きさせていると思いました。

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。