思いのままブログ

京の冬の旅~その3 長楽寺

2012年1月26日

平安時代の創建当初は天台宗の別院でしたが、室町時代初期当時の一代の名僧国阿上人に譲られ時宗に改まり、明治39年に時宗の総本山格であった名刹七条道場金光寺が当時に合併され、今に至る。

また、当時はもともと円山公園の大部分を含む広大な寺域を持った有名寺でありましたが、大谷廟建設の際幕命により境内地を割かれ、明治初年境内の大半が丸山公園に編入され今に至る。

こんな処にお寺があるなんて、全然知らなかったのですが、それはそれは、なかなかの苦難の歴史ですね。

収蔵庫

この中に一遍上人像以下重文の遊行上人像がずらっと並んでいるのには壮観で驚きました。

ここは学生ガイドさんが説明をしてくれているのですが、お聞きすると、金光寺のものが合併の際、こちらに移ってきたそうです。

一遍上人像 

慶派大仏師康秀作で、1301年時宗総本山金光寺を創建の折、その敷地を寄進した七条仏所の当主運慶の三男、第10代康弁以後21代まで金光寺に住し、一遍の信奉者として製作に精進したという大仏師たちに依って遺された時宗初期の歴代上人像7体は、慶派の作風を伝える貴重な像ばかりです。

収蔵庫は通常でも拝観可能だそうですが、普段はどこかの展示会に出張されているかも知れないので、遊行上人像がすべて揃って並んでいるとはいえないそうです。

京都は、山すそのお寺にもこれだけ密度のあるお寺があるのですから、私が知らないだけのことですが、本当に奥深いです。

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。