思いのままブログ

京の冬の旅~その4 相国寺 大光明寺

2012年1月26日

1339年、御伏見天皇の皇后・広義門院が、天皇の菩提を弔うために、伏見離宮内に創建した寺が始まりで、江戸初期に現在地に移された。

広義門院の禅の師であった夢窓疎石を開山とし、広義門院の法号をとって「大光明寺」という寺名がつけられた。

伏見宮家の菩提寺であり、1615年に徳川家康によって相国寺塔頭として再興された。

明治36年、塔頭の心華院と天明の大火で焼失していた大光明寺と室町幕府九代将軍・足利義尚(よしひさ)の菩提寺であった常徳院の3つが合併された。

京都に甚大な被害をもたらした天明の大火の時は、応仁の乱よりも大きな被害をもたらし、町の8割が焼けたという。

相国寺も法堂以外は全部焼けたという。

大光明寺の創建当初の本尊が普賢菩薩像だったので、今も創建当初のものではないが普賢菩薩像が本尊として祀られている。

お寺の外の生垣です。何の変哲もない生垣ですが、斜めから見ると、

模様が浮き出てきます。

今回の京の冬の旅ですが、京都には中国人の方がすごく多かったというか、道行く人のほとんどが中国人ではないかと思うぐらい街中に中国語が溢れていました。

旧正月特需です。

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。