思いのままブログ

奈良行基さんの寺 喜光寺

2011年8月20日

奈良の中央部にありながら場所を捜しながら訪ねていくと、社務所の横に出てしまいました。

住職さんに、駐車場はどこですか?とお聞きすると、再び細い道を戻って門まで出ないといけなかったんですが、「ここでもいいですよ」と、シャッターを開けて裏門から入れてくださいました。

とてもご親切な上に声がすごく素敵だったので、是非お経を聞いてみたいと、思いました。

そんな訳で裏から入りぐるっと廻り立派な門に辿りつくと、受付の方もとっても親切でした。

1499年に焼失して、その後室町時代に再建された重文の本堂に入り、ご本尊の重文指定の平安寄木造りの阿弥陀様にご対面しました。

再建された本堂は、薬師寺の東塔や金銅と同じように裳階を付けた美しい復古建築です。

ご本尊は木彫の上に下地漆を塗り、その上を金箔仕上げした丈六の定朝様式の阿弥陀様です。

本堂

境内には200余りの蓮の鉢が並んでいます。

以前、京都三室戸寺を訪れたとき蓮の鉢と鉢の間をパイプの管を通して水を渡していました。

せっかくの景観が台無しで、横着しないで一つ一つ水をやってくれたらいいのにと、思ったのですが、ここは、そんな無粋なことはありません。

境内も掃除が行き届き、すがすがしいお寺です。

訪れたのが8月13日でしたが、まだ蕾の蓮もありました。

帰り際に声を掛けて、ガレージを明けてもらって車を出しましたが、対応してくださった方もまた「ようお参りくださいました」と、ご親切。

とても気持ちの良いお寺でした。さすが行基菩薩の功徳が今も息づいているのかもしれません。

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。