思いのままブログ

小浜のお寺めぐり 羽賀寺

2011年8月15日

14日というお盆の日曜日で混雑を想定して、朝6時に家を出発して高速道路をひた走り、舞鶴若狭自動車道が7月16日に小浜西から小浜まで開通したので、終点小浜で降りるとすぐに、町に入ることが出来ます。

8時には羽賀寺に到着しました。拝観時間が9時~だったので、小浜城跡を訪れたりしながら、9時になるのを待ちました。

羽賀寺の参道を上がり、本堂の扉が開くのを待っていたら、息をきらしておばさんが駆け上がってきました

そして、本堂を開けてくださり、電気をつけて美しい十一面観音様とご対面です。

住職さんが対応するのでなく、おばさんが受付から説明までひとりで、こなしていましたが、説明がすごく上手で、あとのお話でも温かい人柄が感じられて、小浜のパンフレットをくださったり、

とても親切に対応してくださいました。小浜の観光大使に任命したいぐらいの方でした。

重要文化財指定が、羽賀寺本堂(室町時代建立)・十一面観音菩薩・千手観音菩薩・毘沙門天・紙本羽賀寺縁起です。

十一面観音菩薩像は、頭体を通して檜の一木より木取りしていて内刳りはなし。白土による下地の上に、繧繝を交えた本格的な彩色が今も美しく残っている。

プロポーションや衣文のタッチ、乾漆併用技法など奈良末~平安初頭の遺風を強く示し、その製作時期は、9世紀もさほど降らぬ頃と考えられる。

下地が5mmを超える厚さであることが、彩色の残存につながったと見られている。

若狭を代表する美しい仏像です。

千手観音像は、補修のため美術院に入院中で、この日は、お会いすることが出来ませんでした。

毘沙門天像は、本尊の横に並んでおり、内刳り内部に1178年の墨書銘を持つ。

仏様のお住まいのお堂は石段の上にあり静かな空間が広がっていて天上世界です。

石段下は、立派なお寺の本堂やお墓まいりの多くの人、広い駐車場とこのお寺の活気が感じられました。

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。