思いのままブログ

大原美術館 受胎告知

2012年4月20日

1922年当時パリに滞在していた児島虎次郎は、とあるパリの画廊でエル・グレコの「受胎告知」という作品が売りに出されていたのを眼にした。

この作品の素晴らしさを見抜いた小島ではあったが、手持ちがなかったため、自身の出資者である大原孫三郎に送金を依頼、大原も送られてきた写真を見て了承し、小島は「受胎告知」を購入すると日本に持ち帰った。

結果的にこの2人の判断は的中し、現在では、「受胎告知」が日本にあることは奇跡とまで言われている。

日本にあるエル・グレコの作品は、これと国立西洋美術館にある「十字架のキリスト」(製作年不明)の2点のみである。

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。