思いのままブログ

大野磨崖仏 奈良室生

2011年8月15日

宇陀川の対岸に高さ30mの大岸壁に刻まれている。

岸壁を高さ13.8mにわたって光背形に掘り窪め、その中を平滑に仕上げた上で、像高11.5mの弥勒仏立像を線刻であらわす。

興福寺の僧、雅縁の発願により1207年製作開始。

同3年に後鳥羽上皇臨席のもと開眼供養が行われた。

作者は宋から渡来した石工・伊行末の一派と考えられる。

山城の国笠置山にあった弥勒の大石仏(現在は光背のみが残る)を模したものである。

岩盤からの地下水の滲出等で剥落の危険があったため、1993年から1999年にかけて保存修理工事を実施。

岩表面の苔類の除去や地下水の流路を変える工事などが行われた。

梵字が見えます

ライトアップ用の電気が備え付けられています。

笠置寺と違って線刻が良く残っています。

大野寺からみると、一番良いアングルから見ることができるらしいですが、拝観料節約して、道から拝観しました。

それでも十分だと思います。

 

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。