思いのままブログ

東大寺ミュージアムそして東大寺学講座

2011年12月12日

是非一度訪れたいと思っていたので、「東大寺学講座」の参加と兼ね合わせて行ってきました。

東大寺の敷地内の紅葉です。

でも、何といっても奈良の紅葉はこれです。

モミジと鹿です。

東大寺総合文化センターは、図書館、ミュージアム、収蔵庫、寺史研究所、華厳学研究所、金鐘会館からなる複合施設です。

今「奈良時代の東大寺」と題した特別展が開催されており、すでに、入場者数は10万人を突破したそうです。

入って直ぐに、国宝金堂八角燈篭火袋羽目板、国宝誕生釈迦仏立像および灌仏盤、国宝東大寺金堂鎮壇具と続きます。

八角燈篭火袋羽目板の音声菩薩のふくよかな美しさに見とれてますが、周囲の欠損は盗難に遭った際に破損したものだそうです。

灌仏盤の線刻の解説がビデオで流されています。会場は薄暗いので、目を凝らさないと鳥獣、草花、鶴などの線刻はわかりにくいです。

でも、何といっても一番の見所は法華堂から移られた不空羂索観音立像と日光月光菩薩立像です。不空羂索観音は宝冠を外して、光背もありません。

間近で拝観できる、またとない機会です。最初は不空羂索観音像の真ん中がガラスの継ぎ目だったのが「おや!」と思ったのですが、じっとみているとそれも気にならずです。

その後、13時半からミュージアム会館記念「東大寺学講座」第1期開催の今回は第二講 京都大学大学院教授 根立研介氏の講義がありました。

事前申し込みですが、金鐘会館満員の聴講者が溢れていました。

金鐘会館舞台上のレリーフです。

根立研介氏は、ふつう写真などで見る不空羂索観音と実際に間近で見た観音とでは印象がかなり違ったと話されていました。

厳しいいかめしい印象だったのが、ミュージアムで見ると優しく肥満度もそれほどでもなく、引き締まった印象を受けたそうです。

ミュージアムショップがあり、図録も売られていました。

この図録が不空羂索観音の化仏や執金剛神立像の後姿の写真など見ごたえあります。

化仏の写真

他にミュージアムショップでこれを買いました。

これは箱です。

月光菩薩と釈迦誕生仏が限定300体とありました。

ミュージアムでは見ることができない後姿を図録では見れました。

思いのままブログ一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。