ブログ

秋冬の一年草の植え替え おすすめの花

2012年10月31日

いよいよ秋冬の一年草の植える季節が近づいてきました。

よく、お庭を施工したお客様から、「どんなお花に植えたらいいですか?」とご質問をいただくため、これからの季節のお勧めの一年草をご紹介します。

○宿根草と一年草

そもそも、草花は、宿根草と一年草に分かれます。

宿根草は何年にも渡って株が生き、毎年決まった時期に花を咲かせる植物です。つまり、植えっぱなしで毎年、生育、開花するものです。

それに対して、一年草は、一年のうちに枯れ、通常、春と秋に植え替えが必要になります。

今ですと、11月から12月にかけて、様々な秋冬の一年草が園芸店に出回り、4月や5月ぐらいまで花を咲かせてくれています。

○お勧めの秋冬の一年草

基本的には、今苗が揃いだした頃で、11月中旬以降、様々な品種が揃い始めます。

高さが低めの一年草

スイートアリッサム

アブラナ科 一年草(上手く根付くと、2年もつことがある)

開花期 11月~5月

花色 白・ピンク・赤紫色がある。

日なたを好み、次々と小花を咲かせるのが魅力。名前のとおり、甘い香りも楽しめます。

パンジーとビオラ

 

スミレ科 一年草

花色や花びらも様々な種類があり、色選びを楽しめます。宿根草の中に自然風な感じに植えたい場合は、薄紫色や白色、薄いピンクなどお勧めです。

シクラメン

サクラソウ科 一年草(陰めで涼しいところで、自生して宿根する場合もある)

花色;白、赤、ピンクなど様々な種類がある。

少し陰めな方がお勧め。

プリムラ

 

サクラソウ科 一年草

花色;白、黄、橙、赤、青紫、ピンクなど様々。

少し陰めな方がお勧め。

本来は、宿根草で、夏越しを工夫すると、宿根することがあるが、一年草扱いをすることが多い。

少し高さのある一年草

プリムラ マラコイデス(サクラソウ) 

サクラソウ科

花色;白、ピンク

明るい半日陰を好む。

本来は宿根草で、木陰などの日陰で乾かさないように育てれば、宿根する。

暑さに弱いため、一年草として、出回って楽しむことができます。

自然風の植栽にいても、馴染むので、お勧めです。

アネモネ

キンポウゲ科アネモネ属

花色;紫、白、赤

秋植えの球根として出回り、早ければ12月から苗として出回ります。開花時期は主に早春の3~5月

ストック

アブラナ科 一年草

花色;白、紫、ピンクなど

日向を好み、11~4月に開花。15~30センチぐらいまで高さがある。

ネメシア

ゴマハノクサ科 一年草タイプと宿根タイプがあるが、宿根タイプでも、一年草扱いで植えることがある。

花色;白、ピンク、紫など

日向もしくは半日陰。花をたくさん咲かせた株は勢いがなくなるため、切り戻す。

自然な花色と小花が魅力。

MIO's Blog一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。