庭づくり、エクステリア施工日誌

尼崎市でウッドデッキと外構を施工中

2011年9月6日

兵庫県尼崎市で、建物に合わせたナチュラル門塀と、お部屋からの使い勝手を考えたウッドデッキを造っています。

完成予想図面

窓に木製枠やアイアンの飾りをつけた、洋風の建物を建築され、外構もナチュラルなプランを造りました。

塗り壁のナチュラル門塀にアイアン門扉がついたクローズ外構。

建物の横には、段差があり、外からの目線も気になるはき出し窓のところに、お部屋から眺めて落ち着けるようなウッドデッキを造る予定にしています。

当社の職人は、藤堂さんと中嶋さんが担当しています。ウッドデッキは、横山さんが担当。

■施工前の写真

■門塀ブロック積み工事

 

玄関扉の前に、ブロック積みで門塀を造っています。

アンティークレンガも一部積み、笠木にも使っています。

門塀ができると、玄関アプローチが落ち着きます。

■ウッドデッキと垣根造り

 

お部屋を広くみせるウッドデッキ。

ウッドデッキには、ウッドフェンスを取り付け、お部屋の目隠しもしています。

木材の垣根も上手く取り込んで造っています。

■門塀造り2

今は、塗り壁の仕上げ前に下地を塗っているところです。

巾木と塗りモノを分けるので、仕切りを入れています。

この下地をしておかないと、のちのちブロックの線が出てきます。

笠木や門塀の部分には、アンティークレンガを用いました。

■門塀造り2

 

門塀に、仕上げの塗り壁を施工しました。

夕方撮影したので、色はわかりにくいですが、壁の塗料と色を合わせるため、現場で調合して造りました。

また、巾木は、当社オリジナルの土風仕上げです。

 この施工例のプランをご覧になりたい方はこちらをクリック

 

庭づくり エクステリア施工日誌一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。