庭づくり、エクステリア施工日誌

神戸市で、シンプルナチュラルな外構を施工中

2014年11月5日

2014年10月頃から、兵庫県神戸市でシンプルナチュラルな外構を施工しております。

■完成イメージ図面

切妻の三角屋根に、明るい木調の窓枠が入ったシンプルな建物。

家の中は北欧の壁紙などを使い、オーダーの木の家具を飾り、おしゃれで温かみがある佇まいです。

ホームページをご覧いただき、弊社にプランのご依頼くださいました。

アプローチに高低差がありましたが、お子様もいらっしゃり、スロープが欲しいとのご希望でした。

また、既存の壁もあったので、それを、いい雰囲気にできたらと、おっしゃっていました。

石や、レンガや枕木がお好きなご夫婦。

そこで、できるだけ、曲線で距離を造り、緑に囲まれた暖かい仕上げのスロープと階段をご提案しました。

門柱はお好きな枕木の素材で。

既存の壁も、土壁で温かい風合いになります。

■担当のプランナーは、森下実生

■担当の職人は、戎子、横山

↑施工前の写真

↑アプローチの掘削工事をしています。

1m40㎝ぐらいの高低差があるため、土の量も多いです。

ただ、この辺りの土は、庭の土にも使えるいい土でした。

植物を育てていくのにも、安心です。

↑アプローチのスロープ横の花壇のブロックの基礎工事です。

↑アプローチのブロック工事です。

高低差があるため、かなりの段数です。花壇の形ができてきました。

↑お庭のウッドデッキ工事です。

リビングのはきだし窓から出るウッドデッキ。

職人の横山が施工しております。

デッキ材は、イペグランデ材(クマル)です。根太を組んでいます。

↑アプローチの入り口の階段

アンティークレンガをところどころに、入れて積んでいます。

アンティークレンガはできるだけ、小ぶりのものを選びました。

↑アプローチの下地コンクリートと、ブロック左官下地をしました。

この日は、雨のため、職人はお休みでしたが、お施主様とお打合せのため、森下が写真を撮りました。

下地コンクリートをうっているため、アプローチの形がはっきりと出ています。

レンガも所々入れて、ナチュラルに仕上がっています。

↑ウッドデッキの板張り工事をしています。

ウッドデッキの下は、砕石を敷きました。

デッキの素材は、イペグランデ材のハードウッドで、耐久年数20年ぐらいです。

↑ウッドデッキの横には、洗濯物干しの屋根を取り付けました。

↑アプローチと、花壇、既存の壁を“土風仕上げ”で塗りました。

ほっこりと温かい仕上げで、アプローチ周りが明るくなりました。

レンガも所々アクセントになっています。

↑コンクリートの下地を造るため、クラッシャーを敷いています。

↑駐車場のため、車が乗り入れられるよう、メッシュを敷いています。

↑駐車場のコンクリートを仕上げました。

↑アプローチ横には、枕木で園路を造りました。

植栽を入れると、庭に馴染むステップです。

↑アプローチの入り口にアンティークレンガを敷きました。

できるだけ、小さいものを選んで、ほっこりとした可愛い感じに仕上がりました。

門柱は枕木で、ポストはお施主様こだわりのボビポストです。

 

 

 

 

庭づくり エクステリア施工日誌一覧に戻る

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。