スタイル別

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)1

オレンジハウスと言ってもいいような、この個性的な建物に対して、黒御影石の笠木、円柱にポストの袖が付いたオレンジとグレーの色合いの機能門柱を造りました。

車3台分の駐車スペースを造った残りの部分で、この個性的な建物を受け止めるためには、これぐらい密度の高い門柱が必要だと感じたからです。

この家にしてこの門柱あり。

□すてきなガーデンデザイン「玄関前の小さな庭」にて掲載

床の平板敷きにも工夫

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)2

平板は建物に対し斜めの角度で敷き、より広く見えるようにしました。 玄関ポーチの角には、植栽を設け、床にアクセントを付けてアプローチらしさをを出しました。

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)3

平板はユニソンのライブプレートのグレー、ダークグレー、キャラメルベージュの3色の組み合わせです。

植栽でエクステリアを演出

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)5

外壁の色と同系色の黄色、オレンジ、赤の草花を植えて家と庭を馴染ませます。 トリトマ、ヒペリカム、ガザニアなど。

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)6

植栽の色合いが門柱をより素敵に見せてくれます。

こんなに変わりました

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)8

施工前の写真

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)9

施工後の写真

お客様の声

黄色のしあわせのエクステリア(和歌山県)22

実は、家を新築した当初は、建築家から提案されたオレンジの外壁が「派手すぎたんじゃないか」と心配していたのだそうです。 庭は家に合わせて自分でつくろうと考えていたものの、どうしても家にぴったりなデザインが思い浮かばず、プロに力を借りることにしました。 おかげで、心配だったオレンジ色の家が庭のおかげで好きになりました。

お問い合わせはこちら

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。