外構別施工例

リフォームの庭とエクステリア

リフォームの庭とエクステリア1

今あるガレージを全部壊して、お花を楽しめる庭にしたいというのがお客様のご要望でした。

それに対して、私たちがまず提案したのは、その前にお庭を引き立てる外構を造ることで、それも建物とつながりを感じられるモノでした。

今回は特に建物の色と、同系色の石材を使って一体感のある外構にしています。

お庭を中心にリフォームを考えていたお客様は少し負担増になりましたが、リフォームこそ全体を考えてから行いましょう。

外構をリフォームしてこんなに変わりました。

リフォームの庭とエクステリア2

施工前

リフォームの庭とエクステリア3

施工後

建物と庭を引き立てる塀と、花壇

リフォームの庭とエクステリア5

建物の色と同系色のピンクの砂岩を、塀の笠木と花壇石に使いました。

アプローチと園路

リフォームの庭とエクステリア8

リフォームの庭とエクステリア9

植栽

リフォームの庭とエクステリア10

三階建ての建物を和らげるために高木のアオダモと常緑のヤマボウシを建物に沿わせて植えています。

これらは、2階の窓越しからも枝先の緑を楽しめるし、草花の日当たりを妨げることは少ないと思います。

隣のガレージとの酒井には、オリーブ、ソヨゴなどの高木を植えて少し目隠しをしています。

アプローチもこんなに変わりました。

リフォームの庭とエクステリア11

施工前

リフォームの庭とエクステリア12

アプローチは自転車の出し入れをするので広めにとっています。

園路も兼ねたアプローチはピンクの砂岩で模様をとり色つきの洗い出し仕上げ。

リフォーム前に扉があった付近は、板袖塀をつけて格好の自転車の隠れ家になりました。

木立の中をいくアプローチはリフォーム前には考えられなかったことです。

リフォーム後記

お客様には他社のプランに比べて少し負担が増えましたが、結果的にはお庭映えして、お客様にも大満足いただけました。

お問い合わせはこちら

facebookページはこちら

ページトップへ

0798-64-2808 お電話でのお問い合わせはこちらまで

資料請求はこちら

  • 実生のブログ MIO's Blog
  • スタッフブログ

代表者挨拶

エクステリアの匠 代表取締役 北 誠

エコロジーなライフスタイルが求められる今日、私たちは自然素材を多く使ってエクステリアや外構を造っていきたいと思っています。工業製品は長持ちし、施工しやすいので使うことは当然のことだと思いますが、自然素材はリサイクルでき、廃棄しても環境の負担が少ない素材です。石や木や土などは、味わい深く、素晴らしい素材なので、私たちは、それらを多く使って今日求められている安らげる空間造りをしていきたいと思います。

携帯サイトはこちら
リフォームガーデンクラブ
タカショーリフォームガーデンクラブは、全国の外構・エクステリアのプロフェッショナルネットワークです。外構・エクステリアに関しての悩みやご要望は何でもご相談ください。