スタッフブログ

スィーツ 京都グルニエ・ドール

2012年4月23日|カテゴリー「スタッフブログ

お持ち帰り専門店がほぼ向かい側にあるのですが、間口が狭くて通し過ごしてしまいそうです。

店内は満席でしばらく待ちましたが、待つ間も店内も待つスペースと椅子が用意されているので、苦になりません。

どのケーキにするか迷ったので、お店の方にオススメを聞くと、今はいちごの時期なので、いちごを使ってあるのが美味しいですよ、のことで、

皆さん、結構2個選んでいたので、私もそれに習いました。

奥がイチゴのタルトで、手前がすぐ柔らかくなるので、持ち帰り出来ないケーキ(名前が出てこない(^_^;))

嬉しいことにお水がピッチャーに入って出てきます。

どうも、スペインで水にだいぶお金を使ったことを根に持っていて(どうしようもないことなのにセコイなあ)、お水を気持ちよく出してくれる所があると直ぐに反応してしてしまう。

京都はたくさんおいしい洋菓子和菓子屋さんがありますが、流行っているにも関わらず感じの良いオススメのお店です。

ごちそうさま(●^o^●)

 

アイアンファミリーと合同お食事会 

2012年4月23日|カテゴリー「スタッフブログ

場所は、岸和田と西宮の間を取って、心斎橋。

その中の「洋食katsui心斎橋ロッヂ」で席を取ってもらいました。

ロッヂの方へ行くのは初めてですが、御堂筋線心斎橋3番出口を出てすぐのところにあるので、簡単に到着することができました。

そして、ゆったりしたくつろげる空間になっていて、掘りごたつ式の和式の個室を取ってあったので、静かにゆったりと食べたり飲んだり、喋ったりできてなかなかに良い場所です。

海老・ほたるいかなど オードブル

自家製ローストビーフとハムを醤油と洋からしでいただきます。

どちらも美味しい。

チーズが入ったカスクート。写真は全部4人前の分です。

だからパンはひとり1個 ローストビーフは一塊(2切れ)

穴子のフライ

特製プレーンオムレツ 中はふわふわ こんな風にオムレツを作りたい。

ずわいがにのサラダ ちゃんとしたかにでした 美味しい。

海老とわかさぎのフライ

ガーリックトースト

真ん中にとろとろ卵が入った本当に美味しいハンバーグ

メインのロッヂステーキ 醤油と洋からしでどうぞ。

肉が超美味しいのですが、洋からしがまた格別で醤油との相性がバッチリです。

じゃこのチャーハン

牛乳のアイス

お茶とお水は飲み放題です。

スペインで高いお水を買った経験から、これはとても嬉しかったです。

これだけのお料理をいただきながら、スペインで撮ってきたアイアン写真を見ながら、アイアン談義に花が咲きました。

はな工房さんは 代表のお父様、デザイナーのお母様、運営責任者の長男勇人さん、PCから職人までこなす次女の優さんで営まれています。

これを機会に、お庭の素敵なアイテムを合同で、企画・製作していきます。

https://www.hana-koubou.jp/

そして、ロッヂさん、ごちそうさま(●^o^●)

メインにロッヂステーキを加えた贅沢宴会コース¥4800円(チャージ料込み)で、大満足でした。

 

 

平家物語 ゆかりの碑

2012年4月23日|カテゴリー「スタッフブログ

監物太郎頼賢(けんもつたろうよりかた)の碑

神戸市認定地域史跡で、監物太郎保存会の方々が保存に関わっておられます。

この人物は、中納言平の知盛(清盛の四男)の家臣で、平家物語によると寿永3年(1184)源平一の谷合戦で活躍するが、主人の平知盛とその嫡男知章の3人で海へ落ち延びようとしていた。

その途中源氏方の児玉党との戦いになり、主人知盛を助けようとして監物と知章は討ち死にをした。

そのおかげで知盛は落ち延びることができた。

「摂津名所図絵」によると、江戸時代享保年間に、並河誠所(なみかわせいしょ)が監物太郎の忠義を称え顕彰するために現在の地に石碑を移した。

現在保存会により、毎年5月7日の命日に祭礼が執り行われています。

また願い事が叶うとされているため、お参りに訪れる人が絶えない。

また、平知章の碑もこの近くに祭られている。

いろいろな場所で縁の地が、今も地元の人たちによって守られており、平家物語が生きています。