スタッフブログ

新幹線でマドリッドからコルドバへ

2012年4月20日|カテゴリー「スタッフブログ

保存された旧駅舎を待合室、cafeテラスとして利用されているかつてのプラットホームは植物園に見立てた演出がされていて、美しい。

新幹線は日本のように座席の向きは移動しません。

初めに座ったらそのままです。でも真ん中にこのような手前に広げられるテーブルがあり、ゆったりと食べたり、本を読んだりすることが出来ます。

道中の窓から眺める光景は、漠々たる荒涼地帯に植えられたオリーブの木々が目に映ります。

乾燥地帯に位置するスペインは人口の5倍ものオリーブの木を植えているので、やたらオリーブ畑が広がっています。

大原美術館 受胎告知

2012年4月20日|カテゴリー「スタッフブログ

1922年当時パリに滞在していた児島虎次郎は、とあるパリの画廊でエル・グレコの「受胎告知」という作品が売りに出されていたのを眼にした。

この作品の素晴らしさを見抜いた小島ではあったが、手持ちがなかったため、自身の出資者である大原孫三郎に送金を依頼、大原も送られてきた写真を見て了承し、小島は「受胎告知」を購入すると日本に持ち帰った。

結果的にこの2人の判断は的中し、現在では、「受胎告知」が日本にあることは奇跡とまで言われている。

日本にあるエル・グレコの作品は、これと国立西洋美術館にある「十字架のキリスト」(製作年不明)の2点のみである。

 

スペイン名物 パエジャ

2012年4月20日|カテゴリー「スタッフブログ

イカスミとムール貝・海老と鶏肉の3種類のパエジャですが、大皿から各自に取り分けられると

こんな感じです。なんか残飯のような感じがしてしまい、味も混ざりっこして違いがよくわからなくなっています。

日本では、別々の3つのお皿に絶対盛ってくれると断言します!

サスガスペインです(^_^;)

最初のサラダの大盛。これで一人分ですよ。

デザートのアイスクリーム。いまいちでした。

こうして最初の日が過ぎていきました。