スタッフブログ

京の冬の旅~その1 因幡薬師堂

2012年1月25日|カテゴリー「スタッフブログ

2010年秋の非公開文化財特別公開の時以来の2度目の訪問です。

京都の町の人は、因幡薬師と呼んでいるが、正式には「平等寺」で創建は平安時代。

本堂に縁起絵巻の複製が展示してありますが、縁起によると、平安時代の貴族・橘行平(たちばなのゆきひら)が、勅使として赴いた因幡国(鳥取県)で海中から薬師如来像を見つけ、後に帰京した行平を追って飛来した薬師如来像を祀ったのが起こりと伝わる。

本尊重文薬師如来と重文如意輪観音と重文清涼寺式釈迦如来と機織の神2体はこの収蔵庫の中に祀られています。

江戸時代まではご本尊は本堂に祀られていたが、今は厨子ごとこちらに移動されています。

本堂の中  お前立ち観音とすべて揃った鎌倉時代の十二神将が並んでいます。

頭巾を頭に載せた、信州信濃善光寺の阿弥陀如来・嵯峨清涼寺の釈迦如来と共に「日本三如来」のひとつといわれる因幡堂薬師如来。

高さ153.0cm。両手肘より先の袖部と手首を別材として矧ぎつける以外はすべて一木彫成となる古風な造りで、静かで落ち着いた瞑想的なお顔されていて、造立年代も縁起による飛来した1003年に当てるのが自然のように思われるとされている。

この頭巾を被った個性的な姿は、非常時に、厨子ごと後へ倒し滑車と縄で運び出すためだそうです。

事実幾度も平安時代から幾度も火災を潜り抜けて守られている。

桓武天皇が京都へ遷都した時には、京都にお寺を建立することは禁止されたので、その頃建てられたのは「革堂」「六角堂」「因幡薬師堂」と堂がついている。

幕末の「禁門の変」でも焼けているが、火災の度、お寺の人や町衆の力で運び出されて今に至っている。

特に町衆の力で今まで守られ、火災の都度、寄進で再建されたようだ。

重文・如意輪観音坐像は、高さ81.2cm。鎌倉時代の作で当初の持物は全て失われている。

桧の寄木造り、内刳りで玉眼を嵌入し、宝髪を丁寧にくしけずって、宝髷を高く結ぶなど入念に造られているそうです。

清涼寺式釈迦如来立像は小ぶりで76.7cm。根本像の厳しさはなく、穏健な作風となっている。

仏様は全部間近でゆっくりと拝観する事ができました。

 

京都SKYガイド協会の方が本堂に2人~3人、収蔵庫に1人がローティションで廻って詳しく説明をしてくださるので、有難い。

基本的なことはどの方も習得されているが、それぞれの方の語り口や勉強されたことなど聞けてよく分かり、上手に説明してくれます。

質問しても、勉強をしっかりされているので、答えてくれます。

寒い冬の京都の寒いお寺の中で一日、居られるは本当にえらいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

八坂さんのお隣で柚子雑炊膳

2012年1月25日|カテゴリー「スタッフブログ

平日のお昼間だったので、すぐ予約することができました。

何度か電話をしていますが、日曜はまず駄目で、お正月前に電話をしたら、お正月はおせち料理が主になるので、値段設定が変わるとのことなので、やめました。

門をくぐり、石段をあがると、この写真の玄関へ。

玄関を入ると広いタタキがあり、右手におくどさんが美味しそうな湯気を立てています。

中へ案内されると、ほの暗くなっていて、落ち着いた空間が演出されています。

庭が見える板の間が奥に3テーブル、こちら側にも板の間があり、テーブル席が2つ。

奥側にも座敷が3~4部屋あり、とても広い店内ですが、暗さで落ち着きと個の空間を楽しめるようになっているので、ゆったりとお食事をすることができます。

上写真の天井をみてもらうとわかりますが、天井がすべて戸板になっているのです。

そして、庭を見えるのは一枚がらすで、上に障子を嵌め込みまるで額縁のようです。

 

真ん中の煮た大根に白味噌のあつあつのお汁で、上にはからしが乗っているのが絶妙な味のバランスで、京都の寒い冬を歩いて冷えている体に、本当にご馳走でした。

 15種類ありますが、使っている素材はそれ以上です。

味はしっかりついているように思ったのですが、後が喉が渇くことはありませんでした。

見て楽しみ、食べて楽しめます。そしてプロの板前さんのきっちりした美味しいお味でした。

名物 柚子雑炊

卵を混ぜて真ん中の斜めにうまく切込みが入った柚子を上から押えて柚子の果汁をぎゅっと搾り出していただきます。

あつあつで本当に美味しい。

私達の席の後はカウンターになっていて2人の2組の方が庭を向いてお食事していますが、着物姿の方が京都の風情。

 デザートは餡入りわらび餅。

本当に本当に満足でした。

夏は青い柚子でさっぱりした風味を楽しめるようです。

和室が満室かどうかはこちらから見えませんが、この部屋は平日ですが、予約で満室でした。

男の2人連れの方(鯛柚子鍋膳)以外はすべて柚子雑炊膳を召し上がっているように思いました。

店のしつらもおしゃれで極上の空間でとても満足することができました。

オーナーシェフの小さなお店ではなく、中島武さんが立ち上げた「際コーポレーション」という大資本の会社が経営されているお店ですが、だからこそ出来るお店だと思います。

接待してくれた若い従業員の方も感じが良かったのですが、残念なのは、最後に帳場にいた人が無愛想で、「あのおくどさんでご飯をたいているのですか?」質問しても「違います」の一言。

すべて良かっただけに、最後の最後の後味が悪かったです(●^o^●)

ごちそうさまでした。

ビストロヨシモト

2012年1月16日|カテゴリー「スタッフブログ

梅田から歩いても近く、地下鉄御堂筋線中津からも歩いてすぐの所にありました。

この日店内は、女性だけの何かの会の新年会があるようで、華やいだ雰囲気のもとカウンターに座りました。

平日だけのランチメニューは2種類でこれは高い方で、¥2625円もあります。

カウンターの様子

まず2625円コースのご紹介

野菜とパスタのスープ

 

メインは鳥

次は¥3675円コースのご紹介

サーモンと烏賊のを野菜が盛りたてています。

魚は鱸

鴨肉

どちらのコースも共通のパンは、お変わり自由で、最初に本当に焼きたてのパンを持ってきてもらって焼きたての美味しさに思わずお変わり!

どちらのコースもお肉もお魚も前菜もデザートも飲み物もあり、とってもお徳です。味はバッチリでした。

ただ、娘が珈琲・紅茶が飲めない人なんですが、それ以外は駄目だといわれたのが残念。

最近は代わりにジュースを出してくれる所が多いのですが、女性のスタッフさんに駄目出しされました。

中でスタッフさんと機敏に働いていたオーナーが最後にきちんと出てこられてドアを開けてくださり、お見送りしてくださったのに感激です。

しかも、ご自分の作られたオブジェと共に私達と一緒に写真に納まってくれました。

中で働いていた真剣なお顔とは打って代わって気さくな優しいオーナーに変身されました。

毎年その干支のオブジェを作られているそうです。

味が良くて、見た目も綺麗で、オーナーシェフの人柄の良さが伝わってくる、こじんまりしたお店ビストロヨシモトです。

ごちそうさま(●^o^●)