スタッフブログ

ビストロヨシモト

2012年1月16日|カテゴリー「スタッフブログ

梅田から歩いても近く、地下鉄御堂筋線中津からも歩いてすぐの所にありました。

この日店内は、女性だけの何かの会の新年会があるようで、華やいだ雰囲気のもとカウンターに座りました。

平日だけのランチメニューは2種類でこれは高い方で、¥2625円もあります。

カウンターの様子

まず2625円コースのご紹介

野菜とパスタのスープ

 

メインは鳥

次は¥3675円コースのご紹介

サーモンと烏賊のを野菜が盛りたてています。

魚は鱸

鴨肉

どちらのコースも共通のパンは、お変わり自由で、最初に本当に焼きたてのパンを持ってきてもらって焼きたての美味しさに思わずお変わり!

どちらのコースもお肉もお魚も前菜もデザートも飲み物もあり、とってもお徳です。味はバッチリでした。

ただ、娘が珈琲・紅茶が飲めない人なんですが、それ以外は駄目だといわれたのが残念。

最近は代わりにジュースを出してくれる所が多いのですが、女性のスタッフさんに駄目出しされました。

中でスタッフさんと機敏に働いていたオーナーが最後にきちんと出てこられてドアを開けてくださり、お見送りしてくださったのに感激です。

しかも、ご自分の作られたオブジェと共に私達と一緒に写真に納まってくれました。

中で働いていた真剣なお顔とは打って代わって気さくな優しいオーナーに変身されました。

毎年その干支のオブジェを作られているそうです。

味が良くて、見た目も綺麗で、オーナーシェフの人柄の良さが伝わってくる、こじんまりしたお店ビストロヨシモトです。

ごちそうさま(●^o^●)

 

雑貨屋さん通い~ハクトヤさん

2012年1月12日|カテゴリー「スタッフブログ

寒い冬の篠山は、城下町の街中も閑散としていましたが、ハクトヤさんだけは、たえず人が出入りしていて繁盛していました。

お店の主、一瀬裕子さんはいつもとても魅力的。

そして、私達で買える値段のものばかり置いてあるのがこの店の魅力。

骨董品ではなく、作家さんに作ってもらっている暮らしの器が所狭しと並べられていて時間の経つのを忘れるぐらい楽しめます。

今回はかわいい編みぐるみがいっぱいです。

買った一輪挿しを社長が早速飾っています。

これは、小さい刷毛目が魅力的で小さくても存在感と力強さのある、馬場さんの作品です。

この方の作品が好きで、同じ感じの珈琲カップで今、美味しく珈琲をいただいております。

ちなみに、背景の陶板は常滑焼の陶器を焼く台に使われていたものです。

※ハクトヤさんは1月16日で店を閉めて、買出しにヨーロッパの旅に出られます。

2月いっぱい休業して、ヨーロッパを廻って買ってこられた品物が並べられて3月から再開です。

 

お正月三が日だけ御開帳~長弓寺

2012年1月6日|カテゴリー「スタッフブログ

本堂は1279年に建立されたことが分かる入母屋造・桧皮葺の建物で国宝です。

内部は礼拝空間である外陣を広く取っているのが特徴です。

お正月だけご祈祷もされているようで、祈祷料は3000円です。

祈祷料を払うと、内陣に入ることが出来、僧侶にお経を上げてもらうことが出来ます。

丁度ご祈祷の方がいたので、外陣の真前でご本尊を拝することができました。

お経とは別の僧侶が、太鼓を叩いていたのが力強くてお腹に響いてきてビックリしました。

長弓寺は、創建については、定説はなく、盛時には塔頭が20院あったとされるが、現在は、境内奥に本堂、右側に神社、薬師院、左側に円生院、法華院、宝光院がある。

住職がなく、4つの塔頭が輪番制で本堂を護持している。

本尊十一面観音立像は、重要文化財で製作時期は平安時代後期と思われる。

一木造り、背面から内刳りし背板を当てる。特色は目尻が吊り上っている。

116.4cmで遠目からでもどっしりしたボリューム感は感じることが出来る。黒漆厨子に入っており、厨子も重文指定。

たくさんの方が、お正月の参拝に来られて賑わっていました。