スタッフブログ

京博 永青文庫

2011年11月20日|カテゴリー「スタッフブログ

白金台にある永青文庫は、肥後熊本、54万石の大名細川家の江戸下屋敷のあとに建っています。

大名家・細川家の文化遺産の散逸を防ぎ、研究、保管し、広く一般に紹介するため、昭和25年に財団法人として設立され、平成22年に公益財団法人に認定された。

設立者は、細川家16代、細川護立である。

細川家は清和源氏の流れを汲み鎌倉時代に足利義季(よしすえ)が三河国額田郡細川郷を本拠とし、細川を名字としたことに始まる。

永青文庫が文化財を継承する細川家は、足利尊氏に従って各地を転戦した頼有(よりあり)を始祖とし、戦国から江戸時代初期に活躍した藤孝(幽斎)を初代としている。

下克上の中を足利義昭→信長→秀吉→家康と状況判断の確かさで、鮮やかに生き抜き、「武」だけではなく「文」にも秀でていた。

関が原合戦の折、田辺城に籠城し死は必須かと思われたなか、八条宮智仁親王や後陽成天皇までが勅使を出して講和調停を試みるほどに「文」の人であった。

永青文庫の「永」は菩提寺京都建仁寺塔頭「永源庵」から取り、「青」は京都・西岡にあった幽斎の居城であった「青龍寺城」を指す。

永青文庫の美術品は、大きく2つの柱に分けることが出来、今回の展示もそれに添って展示されていた。

一つは、近世大名として細川家に代々集積され、伝わってきた品々で、武具、書画、茶道具、能道具、調度品などである。

もうひとつの柱は、細川護立によって蒐集されたものである。

護立は若い頃、病弱で20歳までは生きられないといわれたそうである。そんな彼の支えになったのが、江戸時代の禅僧「白隠」で病から脱したという。

そこから白隠と禅に興味を持ち、禅画を集めるようになる。白隠の書画も展示されていた。

芸術の庇護者として同時代の横山大観、菱田春草、梅原龍三郎らとも交流して作品も購入している。

日本美術に限らず、国宝「金銀錯狩猟文鏡」「金彩鳥獣雲文銅盤」唐時代の石仏などコレクターの真骨頂が見られる。

菱田春草 「黒き猫」 重要文化財

春草にとって文展最後の作品となり、翌年38歳の若さでこの世を去る。

猫の確かな自然観察に基づいた写実性と柏の葉の装飾性の調和が見事な作品。

他にも小林古径の「髪」重要文化財、安井曽太郎「金蓉」、梅原龍三郎「紫禁城」などが出品されています。

菩薩半跏思惟像 北魏時代 6世紀 黄華石の一材から彫成している。

昭和3年 早崎稉吉から一括購入した石造仏21体のうちの1体。

鋳造鍍金 中国南北朝時代 台座に銘文が刻印されている。

本当に多岐にわたる素晴らしい一級品の展示内容にため息がでます。

江戸時代を問わず、明治の混乱の中、大名家の宝物が散逸する中で、良くぞ散逸せずに、残ってくれたと感謝です。

そして、それを一般に広く公開してもらうことで、私達も目にすることできて感謝です。

最初に写真であげたのは、重文 三彩宝相華文三足盤 で中国唐時代7~8世紀の盤です。

刀、白隠の書画、など一級のものが揃っているのですが、私はこの一連の東洋美術のものと「黒き猫」と「髪」が特に印象に残りました。

 

 

神仏います近江

2011年11月20日|カテゴリー「スタッフブログ

連携した統一のポスターは大津歴博で200円で売っていました。歴博はいつも特別展を開催したときに大きなポスターを製作してくれるので嬉しいです。

しかも200円という安価な値段で買い求めることが出来るので、行く度ごとにゲット!しています。

三館連携して特別展を開催していますが、チラシはそれぞれ別々に作っています。

図録は分厚い三観共通で1冊です。

下は近代美術館のチラシの表

こちらが裏です。

館内は仏像のオンパレードで、仏像のみに特化した展示内容で、平安時代から室町時代までに時代を絞って近江で守られてきた仏像が在銘像を中心に展示されていました。

在地に根ざした最初の信仰対称として地主神としての神祇を取り上げ、会場入ってすぐに、甲賀市・大岡寺や大津市・須賀神社の薬師如来坐像が展示されています。

大岡寺の薬師如来は大きな木をそのまま丸彫りしたような重量感のある個性的な如来様で最初からオー!とインパクトがありました。

他に、石山寺多宝塔安置の快慶の大日如来坐像や櫟野寺弥勒仏坐像も素晴らしいのは勿論ですし、敏満寺や櫟野寺・福明寺・正福寺などの地蔵菩薩像が11体居並んでいるのは本当に壮観でした。

近江講師経円の仏像が金剛輪寺・阿弥陀如来坐像と仏心寺の聖観音立像や同じく仏心寺・地蔵菩薩像など並べて展示してあるのは見比べることができてとても見ごたえがありました。

経円は13世紀初頭に金剛輪寺を拠点寺院とする造像に深く関わった人物である。

また、西教寺の新発見された、「巧匠 法橋行快」と芦臍に銘の入った木造阿弥陀三尊像も展示されていました。

大津歴博のチラシ↓

こちらはまず、館に入って背景と敷物を赤に統一した毛氈の上に神様が集合されていて、それはそれは壮観でした。

素晴らしい展示の仕方で感動ものでした。

展示された方のセンスと神様への愛情を感じました。

普段私達の前に姿をお出しにならない神様達がこんなにもたくさん集合されているなんて想像できないぐらいの荘厳さでしたが、それぞれにかわいらしい神様がたくさんおられて、また個性的で見飽きることがありません。

国宝・重文の神像が23件(52体)という、サスガ神像の宝庫 滋賀県の面目躍如です。

建部神社から五像、竹田神社から二像(重文)、日牟禮神宮より十体、大宝神社から十体などこんなに一度に神様を見たのは初めてです。

小槻大社の男神坐像(重文)は、木造宮殿に入ったままのお出ましです。

坐像の神様が多い中、長浜市・春日大社の神像は立像ですらりとしたプロポーションで宝冠を被り、大きく首をかしげる姿は独特でとてもかいらしい。

 

あと、山王曼荼羅や湖国三大祭の一つ、山王祭の神輿や屏風や祭りの様子の写真が展示され紹介されていました。

一階で山王祭り様子のビデオ上映もありました。

三館それぞれに特色を出しながら近江の神仏という共通の柱をもたせの展示で見ごたえがあり、今さらながら近江の奥深さを感じさせてくれる特別展でした。

 

 

 

京都 イルギオットーネ

2011年11月19日|カテゴリー「スタッフブログ

このお店はグルメなお客様のw様に教えてもらっていて是非行って見たいと思っていました。

念願叶って、予約を入れたら2時から空いてますということで、遅いお昼にすることにしました。

ランチのコースは2種類のみ

1時45分ごろ入店しましたが、お待ちしていました、とすぐ案内されたら、中は満席状態でしたが、みなさん、12時~だったようで、店内は美味しい匂いと活気に溢れていました。

前菜のようなパン

海老と果物を使った少し甘すっぱいソースが絶妙。

ちゃんとお嫌いなものはありますか?と聞いてもらって「海老」が苦手な娘に、持ってきてくれたのは、「うに」でしたが、娘はこれも駄目!

申し訳ない。でもうには大丈夫ですか?とは聞いてもらわなかったし‥

流石に、今度は、「生ハム」と「チーズ」はどうですかと聞いてもらって持ってきてもらったのは上の写真のものでとても美味しかった。

好き嫌い多いのは大変だ(^_^;)

あぶりかつおの下にいちじくと焼きなすのソース。

サラダにはとろろ昆布が乗っかっています。

蟹と黄ニラとお手製の麺のスパゲティ

缶詰の蟹ではありませんでした。

イルギオットーネ特製のココット

うずらの卵をつぶしてフォアグラと混ぜ混ぜしてお食べ下さい。

フォアグラ嫌いな私が美味しくいただくことができました。

メインディッシュ 

炭火で焼いたお肉がジューシー。わさびソースと肉の下にはそばがきです。

お肉と蕎麦のハーモニー。

最初にデザートは何にしましょうかと聞いてもらいました。

私は本日のDolce 娘はとってもやわらかいビアンコマンジャーレ

これに珈琲がつきます。娘は珈琲・紅茶が駄目でお店によってはそれしか出せないお店もあるのですが、ジュースを用意してくれました。

予約がなかなか取れない評判のお店ですが、評判通り、素晴らしい内容でした。あと喉が渇くこともなく、胃もたれをすることもありません。

接客も良くて、店の感じも雰囲気も良くて、すべて素晴らしかったです。

w様教えて頂いてありがとうございます。そして、本当にごちそうさま♪