スタッフブログ

国宝 宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)

2011年8月17日|カテゴリー「スタッフブログ

本殿3棟が国宝指定です。

同形の3棟が並び、第1殿の棟木に1320年の墨書があり、他の2棟も同時の建立と推定される。

3棟とも春日造りで、隅木入春日造で建立年代の明らかなものとしては最古である。

2003年の社殿の塗り替え時にわずかに残された色彩が発見され、それを元に復元された。

だいたい神社は上の写真のように外から眺めるだけが通常なので、この時も外観から写真を撮りました。

ふと社務所を見ると、ご案内しますの文字を見つけ声を掛けました。

すると、神社の方が垣根を越えて中へ入れてくださいました。

500円ですが、案内してくださった上に12枚の極彩色の復元された本殿の絵葉書セットです。

神社で間近で案内してもらったのは初めてなので、結構感動でした。

汗びっしょりで一生懸命説明してくださいました。

絵葉書ですが、結構色がどぎついです。

実際はここまできつくないのは、絵葉書が実際より、どぎついのかそれとも、復元工事が終わってから8年の間に色が薄まったのかはわかりません。

でも、これより近い距離で回りも拝見させていただきました。

国宝3棟の横並びで重文の春日神社本殿と宗像神社本殿が並んでいます。

水の神様の宗像神社が何故海のないここで祀られているのかはわからないそうです。

概算工事費が壱億八千五百万円円でご寄付のお名前がずらっと書かれたものが建っていました。

国が主導の工事とはいえ、神社の負担も大きいだろうし、寄進がないと復元は難しいんだろうと思います。

お金掛かるんですね。

 

 

 

 

今年も8月15日は粟

2011年8月17日|カテゴリー「スタッフブログ

17時半から夜の部が始まりますが、それに合わせて予約を取りました。

ならまちの町屋を改造した造りになっていて、去年は一階の坪庭が見える席でしたが、今回は坪庭を抜けて蔵の二階でした。

私達のテーブルともう一つ小さな2人用のテーブルがありましたが、この日は私達の独占貸切状態で個室になりました。

地きゅうりと大和で取れたこんにゃく。きゅうりが美味しかった。

美しい野菜の籠盛り。とても美しいですし、美味しいです。

真ん中花オクラにピーナッツかぼちゃ 汲み上げ湯葉の上の細いしし唐辛子もおいしい。

レタスの上にとろろが。

去年はトマトが何種類も使っていたように思いますが、今年はトマトにオクラをみかけませんでした。

このような野菜が使われています。手前はじゃが芋君たち。

お野菜の炊き合わせ。一種ずつの野菜たち。

上に程よい吉野葛のとろみが優しい。

野菜たちの天麩羅に沖縄の岩塩

メインの大和芋の陶板焼き。

野菜は一度火通ししているので、軽く焼くだけで食べれます。

ポン酢で食べますが、大和芋と野菜たち以外余計な混ざり物なし。

これは他では食べることの出来ない粟名物です。

吉野葛を混ぜ込んでいる麦縄麺を冷やしたお汁でいただきます。

お味噌仕立てのお汁の中には茗荷など夏野菜が入ってさっぱりいただきます。

デザート 瓜が美味しく初物のいちじく そして最後には少しだけ甘いケーキが付いて絶妙なバランス。

粟「大和と世界の野菜」コース  3,900円

去年の満足ですが、今年もお店の雰囲気も良く、板前さんの腕前良く満足のお店です。

ごちそうさまでした。(●^o^●)

 

小浜 萬徳寺から圓照寺

2011年8月17日|カテゴリー「スタッフブログ

萬徳寺を訪れたら、拝観受付には中学生ぐらいの男の子が応対してくれました。

田舎のお寺らしく、微笑ましいです。

本堂では、住職さんが、一通り説明をしてくださいました。

ここは庭園が国指定名勝に指定されています。江戸初期のものです。

本堂で説明を聞いた後、靴に履き替え、階段をあがって阿弥陀様に会いに行きますが、ここには誰もいません。

お参りに来た人を信用されているのでしょうが、なんと大らかなことでしょうか。

まあ、半丈六仏の阿弥陀様は担いでいくわけにはいきませんが、立派な平安後期の仏様でした。

上から本堂をみる。立派です。

ゆっくりと拝観できます。

それから圓照寺です。

ここは初めて臨済宗のお寺でした。

このお堂の中に平安時代後期の252cmの立派な大日如来が座っておられます。

その横に同じく平安後期の不動明王像が立っています。

住職さんの「命がけでようお参りくださった」のお声掛けのあと説明をしてくださり、ごゆっくりとと、お堂を後にされました。

そのあとゆっくり拝観させていただいて、帰り際にありがとうございましたと声を掛けてお寺を後にしました。

回ったお寺すべて拝観料金も400円で統一されており、すべてお堂の中で拝観させていただきました。

とても暑い日で、お堂の中に入ると、ホッするのですが、お堂へたどり着く前には汗だくだくになり、体力的には大変でした。

小浜という小さな町でこんなにたくさんの素晴らしい仏像がお寺で護られていて、それを拝観できる体制が整えられています。

小浜の文化財のHPもきちんと出来ていて、お寺・仏像の画像・説明すべて丁寧に開示されていて半端ではなく素晴らしいと思います。

とても疲れましたが、素晴らしい一日でした。