新幹線でマドリッドからコルドバへ

保存された旧駅舎を待合室、cafeテラスとして利用されているかつてのプラットホームは植物園に見立てた演出がされていて、美しい。

新幹線は日本のように座席の向きは移動しません。

初めに座ったらそのままです。でも真ん中にこのような手前に広げられるテーブルがあり、ゆったりと食べたり、本を読んだりすることが出来ます。

道中の窓から眺める光景は、漠々たる荒涼地帯に植えられたオリーブの木々が目に映ります。

乾燥地帯に位置するスペインは人口の5倍ものオリーブの木を植えているので、やたらオリーブ畑が広がっています。