日本の美

社長がお気に入りの陶板の前につばきを飾っていました。

この陶板は、実はお庭に飾ってもフォーカルポイントになって、素敵なんです

こちらは、展示場の和室前のお庭に「無」という字を書いて、飾っています。

この陶板には、自然が生み出した偶然の美しさがあります。

常滑の旅に行った際に、社長が見つけ、陶工の方に分けていただいたもの。

焼き物を焼く際の台となった陶板ですが、なんとも言えない色合いが美しいです。

一輪の花を飾り、日本の美を愛でたくなります。