東京の速水御舟展に行ってきました。

、社長・専務・私で、東京に絵を見に行ってきました。

仕事も忙しい中でしたが、どうしても速水御舟さんの絵が見たくて行かせていただきました。

山種美術館の速水御舟展、日本民藝館、吉谷桂子さんのお庭(Botanica)を巡り、とても充実した一日でした。

まずは、速水御舟展ですが、何といっても炎舞がみどころでした。

 

(左が『炎舞』、右が『名樹散椿』)

どちらも、重要文化財で、炎舞は暗闇を描いているということと、見事に炎と蛾が描かれています。

そして、御舟はどの絵をみても、構図と細密に描きだす技術が素晴らしいです。

やはり、どれも構図がおもしろく、美しく、今みてもモダンな絵だなと思います。

また、命があるものはやはり、密度があると、細密な描写を見て思いました。

 

山種美術館にて記念撮影

そして、次に日本民藝館に行ってきました。

 

建築も素敵でした。大谷石が床や壁、瓦に使われていました。

館内に河井寛次朗・棟方志功さんなどの作家の作品、各地での職人さんの作品があり、建物と飾っているものが本物のモノの空間こそが一番の贅沢で、心が豊かであると感じました。

平日にもかかわらず、沢山の方が訪れていました。

そして、最後に東京ミッドナイトタウンのBotanicaというレストランで吉谷桂子さんのお庭を見に行ってきました。

 

 

オリーブと葉物でみせたお庭で、奥には水の空間と芝生とグラスで草原のような植栽をしていました。

お庭を見せて下さった、お店の方に感謝でいっぱいです。