Mio's Blog

ラベンダーの剪定の時期

2012年8月2日|カテゴリー「ブログ

昨日、さつまホーム展示場のお庭のメンテナンスに行ってきました。

日差しが暑い季節のため、朝の早めから庭作業開始です。

造ってから3年目ですが、植物も落ち着いてきて、いいぐらいに成長してきました。そして、もともと、固めの土でしたが、土に腐葉土を混ぜ、上に腐葉土をのせることで、いい土になってきてます。

作業は主に、大きくなった草花や邪魔な枝の剪定、雑草抜き、一年草の植え替えですが、ラベンダーの剪定に時間がかかりました。

今の時期、花が終わりを迎えているようなラベンダーは剪定の時期です。

この庭には、2種類のラベンダーを植えており、よく見られる「デンタータ ラベンダー」と、「ラバンディン系ラベンダー」です。

↑デンタータ ラベンダーの写真

このラベンダーはスペインやアフリカ北部原産。四季咲きでとても丈夫なのが特徴です。

今の時期も花が終わったものは剪定していくといいです。

↑剪定前のラバンディン系のラベンダー

↑ラバンディン系ラベンダーの花の写真です。

「ラバンディン系ラベンダー」は、交配種で、イングリッシュラベンダーのような自然な花ですが、比較的暑さに強く、育てやすい品種です。

デンタータラベンダーに比べ、ラバンディン系ラベンダーは、刈り取り(剪定)しないと、株が間延びして形が崩れたり、下葉が枯れてしまうことがあるため、剪定をおススメします。

花の根元の新芽が出てくる位置で刈り込みをしていきます。

↑剪定後のラバンディン系ラベンダー

お忙しい方などはおよその位置で全体的に刈り込んでもいいと思います。

展示場なので、何本かずつで、剪定していきました。

意外と手間のかかる作業です。

ラベンダーの剪定について、詳しく掲載しているお勧めのページも下記にご紹介します。

ふらのラベンダー通信です。

https://blog.f-la.info/breed/care/370.html

展示場の庭全体の写真もご紹介します。

一年草を植えるスペースが少なくなってくるぐらい、宿根草が成長しています。

今花が見ごろなのは、ルドベキアとエキナセナです。

手作り門柱完成!(西宮市の外構)

2012年8月2日|カテゴリー「ブログ

兵庫県西宮市で施工中の外構の門柱が完成してきました!

手作りのデザイン門柱で、表札のステンドグラスを取り付ければ、完成です。

陶器の釉遊ブリックも、建物と合っていて、少し和のほっこりした雰囲気を演出。

オリジナルの土壁の塗りものも、いい色合いに仕上がりました。

 

門柱の横にシンボルツリーを植えるのが楽しみです。

前回の施工写真はこちらをクリック

西宮でナチュラル外構施工中!

2012年7月25日|カテゴリー「ブログ

兵庫県西宮市で、建物に合わせて、少し和のほっこりしたナチュラル外構を施工しています。

本日は、手造りの門柱造りと、自然石の石積み工事です。

↑西宮の外構施工写真1(石積み)

同じ西宮市内で採れた石で造りました。工業製品の化粧ブロックには出せない、自然のエネルギーを感じます。

きっと植栽をしても、植物が素敵に見える花壇になるはず。

 

↑西宮の外構施工例写真2、3(門柱)

門柱には、有田焼の釉薬の色合いが美しい「釉遊ブリック」をアクセントに入れました。

現場のお打ち合わせでは、どのブリックを門柱のどの部分に入れるかを奥様と選ぶのも楽しい作業です。

建物に合わせて、白と濃い目のトーンの焼き物を入れることになりました。

また、お施主様のご希望で、ご友人からプレゼントのステンドグラスの表札を、最後に門柱に入れる予定です。

門柱の構造が難しいですが、表札がつくと、お施主様だけのオンリーワンの門柱が仕上がりそうで楽しみです。

宝塚市でリフォームした庭

2012年7月22日|カテゴリー「ブログ

去年、兵庫県宝塚市でリフォームした庭のぶどう棚の工事で社長がお伺いさせていただきました。

リフォームをして一年経ちましたが、土の部分も綺麗に維持され、植栽も夏を迎え、緑いっぱいになっています。下草も少しずつ大きくなってきています。

↑一年後の写真(宝塚市の庭)

↑完成当初の写真(宝塚市の庭)

もともと、お隣がみえた状態だったので、自然のアイアンウッドでお庭の背景のウッドフェンスを造り、下枝の少ない雑木のようなお庭にリフォームしました。

自然やガーデニングがお好きなお施主様だから、綺麗に保ちながら、お庭を楽しんで下さっていることと思います。

こちらのお庭の施工例をご覧になりたい方はこちらをクリック

お客様からいただいた素敵なプレゼント

2012年7月17日|カテゴリー「ブログ

豊中市で外構工事をさせていただきいたお客様から、お引き渡しの際に、素敵なプレゼントをいただきました。

奥様が作陶された「ふくろう」です。工事中に、私が結婚式をしていたことを職人から聞き、プレゼントして下さいました。

苦労しないようにとの意味があります。本当にありがとうございました。

また、工事も職人も私も気持ちよくさせていただき、お客様らしい外構が完成したと思っております。ありがとうございました。

外構の完成写真の掲載もご期待下さい。

植栽工事にお伺いした際の一部の写真はこちらです。

シンプルナチュラルな外構で、枕木の門柱やウッドフェンスと、アオダモのシンボルツリーで家を引き立てます。