Mio's Blog

酒井抱一の「夏秋草図屏風」

2011年9月28日|カテゴリー「ブログ

この前、ふとNHKの日曜美術館をつけると、『雨の夏草 風の秋草~坂東玉三郎 酒井抱一をよむ~』を放送していました。

思わず、見入ってしまい、昔から日本の庭園に使われていた草花や、その植物画の美しさに驚きました。画家の堀文子さんは、「最高の植物画」だと絶賛され、理性の構図と、完成の色だとおっしゃっていました。

そして、この題名の絵『夏秋草図屏風』は、尾形光琳の『風神雷神図』の裏側に描かれたもので、銀地を背景に、雨にしなだれる夏草と、風邪に舞う秋草が描かれていました。

表の風神雷神の風と雨の恵みによって、地上が潤っている様子を描いたものでした。

そのコンセプトと、その大胆な構図と、美しい植物の描写が素晴らしいかったです。

10月2日まで姫路美術館に展示されていますが、残念ながら仕事でいけないので、来年の4月の細見美術館は絶対に行こうと思います。

そして、このような秋草図などを題材にしたお庭もあると、先日勉強会で知りました。それは、建築家の堀口捨巳さんの個人邸でコンクリートの壁を銀地に見立てて、秋草を前に植えたお庭をつくったそうです。日本の素晴らしい美術を知ってこそ、できるお庭もいいなぁと思いました。

今月行けないのは、本当に残念ですが、来年見に行くのがこれから楽しみです。

現地から出てきた石で、石積みを

2011年9月25日|カテゴリー「ブログ

大阪府茨城市のナチュラル外構で、現地から出てきた石で、土留めの石積みを造りました。

普通は捨ててしまうことも多いと思いますが、石はどんな石でも工業製品よりも、密度があります。

そして、土地から出てきた石が一番、その外構に馴染むはず。

ナチュラルな外構がお好みの方やお庭好きの方には、現地の石を生かすことをお勧めしています!

この石積みの上に、これから、レッドシダーのウッドフェンスを取り付ける予定です。

正面からは、石しか見えない積み方も工夫してます!

グループホームの外構工事から一年たち、庭が成長!

2011年9月24日|カテゴリー「ブログ

去年の夏に施工した大阪のグループホームを見に行ってきました!

1年で、木々も成長しています。

メインの樹木はヤマモミジで、手前にアオダモを植えています。

施工前の写真は下の写真です。↓

ゆるやかなスロープのアプローチは、季節の木々や草花が楽しめる空間。

グループホームで働く人も、お住まいになられるお客様も癒され、楽しめることができればと思い、植栽をしています。

「つくし野」さんというグループホームの看板も、当社で取り付けをさせていただきました。

また、草花や木々のメンテナンスもお願いしたいとおっしゃっていただきました。

本当にありがとうございます!!

 

吹田市のナチュラル外構を気に入ってお問い合わせ下さいました!!

2011年9月23日|カテゴリー「ブログ

大阪府吹田市で造った外構を気に入って下さり、本日ご来店いただきました。

ご家族でご来店下さり、誠にありがとうございます。

枕木が建物の前に並んでいるのがナチュラルで印象的な外構。

2年ぶりぐらいにお伺いした際も、奥様がとてもガーデニングを楽しんで下さっていました。

本日、ご来店いただいた奥様も枕木がお好きな方でした。

建物を引き立て、ナチュラルで、ご家族にぴったりの外構が出来るよう、プランニングを進めていきたいと思います。

外構を気に入っていただき、ご来店いただき、ありがとうございました。

芦屋市の外構お打ち合わせありがとうございます!

2011年9月20日|カテゴリー「ブログ

本日、外構とお庭のお打ち合わせで、お客様から「和三盆」をいただきました。

誠にありがとうございます!

SHOTANIの和三盆は、もともと大好きだったのですが、久しぶりで、とても美味しかったです。ありがとうございます。

兵庫県芦屋市で家を新築中で、外構のお打ち合わせも何度かさせていただいておりますが、いろいろと具体的に決まってきて、植物やシェードなど詳細を本日は確認させていただきました。

門まわりのプランも決まってきました。

2色のレンガを組み合わせたシンプルナチュラルプラン。

また、門扉は、木調のデザイナーズパーツで、現場で組み立てるオーダーのものです。

シャイングレーとミディアムチェリーが美しいです。

本日は、テラスの素材の説明や、ウッドデッキにシェードをつけること、ブルーベリーや果樹を植えること、キッチンガーデンを造ることなどをお打ち合わせさせていただきました。

ご来店ありがとうございました。

全体として、お庭も外構もじっくりといいプランができるよう、お打ち合わせを進めていきたいと思います。ありがとうございました。