漆喰と土壁の門塀で、温かみのあるクローズ外構に(外構の施工例 大阪府高槻市)

2019/10/14(月) 外構のこと

大阪高槻市の新築外構プラン図面

完成予想図)

建物は屋根に天然石のクールーフを用い、自然な温かみのある外観。

そこで、門柱は笠木にクールーフをもくもくと積み上げた手造り感のあるものに。

そして、その対になる壁は土壁で、漆喰と土壁の温かみのある門まわりをデザイン。

全体としては、防犯を考え、クローズの外構に。

駐車場と玄関前の板塀の完成

 

大阪高槻市の新築外構工事

駐車場はコンクリート仕上げ。そして、オータムブラウンのカーテンゲートをつけました。

大阪高槻市の新築外構工事

また、駐車場から直接、玄関に上がりたいという施主様のご希望によって、木製の手造りの階段を。

玄関のアプローチのは壁面は土壁の予定でしたが、汚れる可能性があるため、

タイル張りに。そして、安全上・防犯上板塀を張りました。

門柱の施工過程

大阪高槻市の新築外構工事

少し門柱が見えにくいですが、ブロックを積んだ状態です。

大阪高槻市の新築外構の門柱工事

笠木の石をもくもくと積み上げました。

この石材は建物のクールーフと同じものを使用しました。
大阪高槻市の新築外構の門柱工事
漆喰の下地を塗りました。

また、笠木の自然石を付けました。
大阪高槻市の新築外構の門柱
漆喰と土壁の門塀が完成。素朴なデザインのアイアンの門扉を付けました。

1ページ (全38ページ中)