2世帯の門柱が引き立てあう外構(外構の施工日誌 大阪府池田市)

1024

2世帯でお住まいになられる家で、道路に面して、縦長の敷地です。

ご両親の門柱は、家のボリュームを受け止め、外と家との堺を区切るため、濃い色のタイルの門柱をデザイン。

また、奥には、息子様ご夫婦の玄関があり、赤いレンガの甘い雰囲気の門柱をデザイン。

全体として、門柱は赤色で統一し、床にも赤色のレンガをアクセントに入れ、上質でナチュラルな外構に。


赤いレンガの門柱施工過程

1024-2

1024-3

レンガを積んで門柱を造っています。 
このレンガはギルフォードレンガというイギリス製のレンガ。 自然の温もりと上質な雰囲気を感じる独特の風合いです。

1024-4
家から見た門塀です。レンガが積み終わり、漆喰の壁の下地を造っています。
1024-5
1024-6
漆喰で仕上げです。レンガの袖壁も積んでいます。


お庭の背景のウッドフェンスと床面

1024-7
1024-8
お庭造りに大切な背景造りです。

いざ、お庭に出たけれども、背景が隣地の家だと、どこか落ち着かないもの。

そのため、隣地との仕切りとお庭の背景造りにウッドフェンスを造りました。

床は洗い出しをする予定です。右の写真はその下地の写真。


完成に近づいてきました
1024-9

床も仕上がりました。

これから、植栽工事をしていくと、雰囲気がもっと良くなるので、楽しみです。
タイルの門柱
1024-10

道路に面する玄関は、少し、しっかりした門柱が必要です。

濃い色のレンガの門柱で、上品で、家と道路との境界を明確に見せます。