部屋と一体感のあるお庭に~外構・庭のリフォーム~(外構・庭の施工日誌 兵庫県伊丹市)

今、伊丹市で家と外構工事後、外から目線が気になるということで、外構のリフォームの打ち合わせをしています。


3回目の打ち合わせ プラン2 目隠し塀の一番いい高さとは?

前回の打ち合わせから図面を変更しました。

リビングとつながるお庭の床面をウッドデッキから石貼りにあいました。

そして、実際に板を持っていき、目隠しの塀の高さをH1800に決めました。

部屋からみて目隠しになり、外から見て圧迫感のないようにします。

変更した図面はこちらです。

1120
(外からみた外構)
1120-2
(部屋の中から見た景色)

今回はこの目隠し塀にガラスブロックを入れました。

1120-3
1120-4

ダルガラスのブロックです。今回は直線的な塀のデザインのため、アクセントにガラスを入れました。
1120-5

家の正面は自転車スペースを広くし、垣根で囲っています。

また、門柱の後ろは枕木をたてるプランの予定でしたが、水道メーターがあるため、

シンボルツリーを植えて、色の薄い門柱を補って家をよく見せるようにしました。



プラン1を踏まえて2回目の打ち合わせ

打ち合わせは2回目で、ご来店下さいました。

初めは部屋からのお庭がウッドデッキでしたが、石張りはどうかということで、

プランの変更をしていくことになりました。

ご夫婦ともに、使い勝手などを想像し、ご希望やわからない事などをお話しして下さいました。

部屋からの目隠しのフェンスの高さは、主観的なものもあるので、

後日、実際にベニヤ板をもって一番ご家族に良い高さを決めにいきます。
1120-6
1120-7

プラン1
1120-8
1120-9

1120-10

1120-11
リビング横の限られたスペースを実用的、デザイン的により良いエクステリアにするためのプランを作りました。

リビングの窓とつながる部分には部屋の延長の庭としてウッドデッキを設置。
そして、外側からの目線を遮るために、塗り壁とウッドフェンスを造りました。

このことで、ウッドデッキにつながる広いリビングの団欒を楽しめるようになります。

全体のプランとしては、建物に合わせて色を統一してデザインしました。
1120-12

こちらが、建物にあう色の組み合わせです。
建物の色をより引き立てる色で外構をすることで、より家が素敵になります。

門柱を濃い色で外構のポイントに。 塗り壁は薄いピンク色でにしました。

そして、実用的には、自転車置き場を多く設けています。玄関前と勝手口です。



当社のチラシを見てご来店いただきました。

お客様は、リビングが周りの方から見え、目隠しを兼ねて、何かできないかということで、

当社にお問い合わせいただきました。

「リビング横の限られたスペースで何が出来るかを知りたい」

「ウッドデッキやウッドフェンスはできますか」など様々な想いをもち、

ホームページでご自身のイメージに近いものを持ってきて下さいました。

そこで、現場調査に行かせていただきました。
1120-13
1120-14

リビングからみた景色 リビング横のスペース

家は奥さまが植物や雑貨などを飾られ、木製机などナチュラルで可愛いリビングでした。

でも、外からの目隠しがないため、視線が気になってしまいます。
そして、部屋からの眺めもよくしながら、建物をよく見せる外構にしましょうということで、プラン作りが始まりました。