各国で見た景色をお庭に再現 (お庭のプランのご紹介 大阪府)

78
( ↑イメージ図面)

お仕事の関係で、ヨーロッパからアジアまで、各地にお住まいになられていたご夫婦。

その経験を集大成したお庭を造りたい。という奥様の言葉から始まりました。

そこで、お庭のゾーンによって、テーマを分けたプランを作成。

今回は、提案したプランについてご紹介致します。


奥様の想い

初めはメールで、庭にコンサバトリーを置きたいというご相談をいただきました。



実際、お庭を見ながらお話しをすると、

お庭を改造したいという奥様の強い想いがありました。

洋書のお庭の本にたくさんの付箋を付けて、お庭について悩んでおられました。

「各国に住まわれ、たくさん良いものを見てきたので、

そのような風景をお庭でも再現して、楽しめるお庭にしたい」ということでした。


施工前の写真
78-2
78-3

中庭は、デッキが傷んできているので、張り替えたいとのこと。

また、お風呂など、水の空間が欲しいということでした。
78-4
家の裏庭は、レンガの小道がある空間。

「このお庭は、コンサバトリーを付けるのと、思いっきり、高低差を付けて、

限られた空間でも、ここまで楽しめるのかという空間にしたい。」

と奥様はおっしゃってました。


プラン1

中庭はチャイニーズとバリの空間を造る
78-5

デッキは、張り替えて、バリ風の空間に。

奥様のご希望のお風呂兼テーブルを設置し、水の景も造りました。

78-6
チャイニーズの空間。

玄関を入ると、窓から見える大切な景色を造る場所。

チャイニーズのレンガ塀、床はホチという、石で模様を造ったもの。




裏庭はイタリアの旧市街地のイメージに。
78-7
78-8
コンサバトリ-と、遺跡を思わせるような構造物。

床はタイルと洗い出しに。

オリーブを植えて、空間を少し隠し、より楽しめるようにしました。


プラン2

全体的にプランは気に入っていただけましたが、中庭の構造物を変更しました。
78-9
竹垣や、ターフを使って、涼しい空間に。


お風呂をやめて、水の景にしました。
78-10
チャイニーズの塀も、木を組み合わせ、オリジナルの紋様を造った塀に。
このバリ風とチャイニーズ風は、プラン2で進めることになりましたが、

図面は図面で、やはり、モノが造られるのは現場です。

これから、当社と奥様の感性で、現場で、プランは変化していくので、乞うご期待下さい。