庭づくり・エクステリア施工日誌

ルーフガーデンのリフォームをしてます ~大阪府 ~

2009年12月3日|カテゴリー「庭づくり・エクステリア施工日誌

いつもお庭の手入れにお伺させていただいているお客様が、屋上の空間をお庭にリフォームすることになりました。

ウッドデッキを造り、使い勝手も良く、お客様も呼べるようなお庭にするため、今工事中です。

123
(完成予想の図面です)


最終の図面が完成しました。

123-2
123-3

お庭のリフォームするということで、建物も窓をはき出しにするなど、リフォームすることに。

そのため、建物の間取りなども変更しました。

プラン2 ガーデンシンクやカウンターを設けて使いやすいダイニングに

123-4
123-5

123-6

夜の景色もLEDライトで演出。

キッチンからこのお庭が使い易いようにカウンターやガーデンシンクを付けました。

また、少し、木も楽しめると良いのではということで、コンテナもプラスしています。

そして、家の間取りももっと、使い勝手の良いものにして、一緒にリフォームすることに。

ファーストプラン

123-7
123-8

アルミのフェンスを格子のフェンスで目隠しをし、木のコンテナを造りました。

床は足に心地良いウッドデッキです。

毎年、お庭のメンテナンスをさせていただいているお客様からお庭のリフォームのご希望が。

施工前の写真はこちらです。

123-9

123-10

少し壁も傷んできた屋上の空間。

この空間を犬を洗ったりと使い勝手も良く、お客様を呼べるような見た目も綺麗なお庭にしたいというのがご希望でした。

部屋と一体感のあるお庭に~外構・庭のリフォーム~(外構・庭の施工日誌 兵庫県伊丹市)

2009年11月20日|カテゴリー「庭づくり・エクステリア施工日誌

今、伊丹市で家と外構工事後、外から目線が気になるということで、外構のリフォームの打ち合わせをしています。


3回目の打ち合わせ プラン2 目隠し塀の一番いい高さとは?

前回の打ち合わせから図面を変更しました。

リビングとつながるお庭の床面をウッドデッキから石貼りにあいました。

そして、実際に板を持っていき、目隠しの塀の高さをH1800に決めました。

部屋からみて目隠しになり、外から見て圧迫感のないようにします。

変更した図面はこちらです。

1120
(外からみた外構)
1120-2
(部屋の中から見た景色)

今回はこの目隠し塀にガラスブロックを入れました。

1120-3
1120-4

ダルガラスのブロックです。今回は直線的な塀のデザインのため、アクセントにガラスを入れました。
1120-5

家の正面は自転車スペースを広くし、垣根で囲っています。

また、門柱の後ろは枕木をたてるプランの予定でしたが、水道メーターがあるため、

シンボルツリーを植えて、色の薄い門柱を補って家をよく見せるようにしました。



プラン1を踏まえて2回目の打ち合わせ

打ち合わせは2回目で、ご来店下さいました。

初めは部屋からのお庭がウッドデッキでしたが、石張りはどうかということで、

プランの変更をしていくことになりました。

ご夫婦ともに、使い勝手などを想像し、ご希望やわからない事などをお話しして下さいました。

部屋からの目隠しのフェンスの高さは、主観的なものもあるので、

後日、実際にベニヤ板をもって一番ご家族に良い高さを決めにいきます。
1120-6
1120-7

プラン1
1120-8
1120-9

1120-10

1120-11
リビング横の限られたスペースを実用的、デザイン的により良いエクステリアにするためのプランを作りました。

リビングの窓とつながる部分には部屋の延長の庭としてウッドデッキを設置。
そして、外側からの目線を遮るために、塗り壁とウッドフェンスを造りました。

このことで、ウッドデッキにつながる広いリビングの団欒を楽しめるようになります。

全体のプランとしては、建物に合わせて色を統一してデザインしました。
1120-12

こちらが、建物にあう色の組み合わせです。
建物の色をより引き立てる色で外構をすることで、より家が素敵になります。

門柱を濃い色で外構のポイントに。 塗り壁は薄いピンク色でにしました。

そして、実用的には、自転車置き場を多く設けています。玄関前と勝手口です。



当社のチラシを見てご来店いただきました。

お客様は、リビングが周りの方から見え、目隠しを兼ねて、何かできないかということで、

当社にお問い合わせいただきました。

「リビング横の限られたスペースで何が出来るかを知りたい」

「ウッドデッキやウッドフェンスはできますか」など様々な想いをもち、

ホームページでご自身のイメージに近いものを持ってきて下さいました。

そこで、現場調査に行かせていただきました。
1120-13
1120-14

リビングからみた景色 リビング横のスペース

家は奥さまが植物や雑貨などを飾られ、木製机などナチュラルで可愛いリビングでした。

でも、外からの目隠しがないため、視線が気になってしまいます。
そして、部屋からの眺めもよくしながら、建物をよく見せる外構にしましょうということで、プラン作りが始まりました。

夜の景色を楽しむ和モダンの庭(お庭の施工日誌 兵庫県伊丹市)

2009年11月7日|カテゴリー「庭づくり・エクステリア施工日誌
1107
(完成予想図面 夜の景色)

お客様は、家を建て、外構工事をされており、和モダンなお庭を造りたいと、

当社のデザインルームにご来店されました。

実際の現場でも打ち合わせをし、ご夫婦の植えたい木などご相談し、プランを作成しました。

和モダンでナチュラルな雰囲気のお庭を提案。

ご夫婦共に、仕事から帰るのが遅いとお聞きしたので、

夜のライトアップでお庭が楽しめるようにしました。

イメージ図面と、施工過程をご紹介します。


プランが出来るまで

プラン1
1107-2
1107-3

和室前は、建物の雰囲気と合わせて、モダンな和の庭にしました。

水鉢で水の景を造りライティングしています。

リビングの前は枕木のステップとテラスで、使い勝手の良い庭に。

枕木のテラスには、一部植栽を埋め込んだもの。


プラン2
1107-4
1107-5
プラン1も気に入っていただけましが、もう少し、スッキリしたものにしたいとおっしゃられていました。

そのため、和室前は石の照明をポイントに。

和室前のお庭は、瓦敷きの延べ段に黄色とブルーの瓦を入れ、

袖垣も角材を使ってモダンな雰囲気を出しています。

その黄色とブルーの瓦は下の写真のもの。
1107-6
淡路の瓦でシンプルなグレーの瓦とこの2色があります。

リビングの前は枕木のステップと砂利敷きにしました。


アプローチ横のお庭
1107-7
1107-8

アプローチの横にお庭を造ります。

沓脱ぎ石と、瓦敷きの延べ段を造っています。
kitagarden_kasou2_28
1107-9

kitagarden_kasou2_35
kitagarden_kasou2_31
1107-10

施工前と比べると、垣根も造りお庭が落ち着いてきてます。

この垣根は角柱で、和モダンな雰囲気を造ります。瓦の延べ段も完成し、後は照明が来るのを待つのみ。
1107-11

1107-12

照明と植栽が楽しみです。


枕木の踏み台~ナチュラルで和洋のお庭に似合いお勧めのもの~
kitagarden_kasou2_28
1107-13

kitagarden_kasou2_35
kitagarden_kasou2_31
1107-14

当社のお勧めのガーデン立水栓
1107-15

ガーデン立水栓。

嫌味がなく、焼き物の素朴な色でお庭に馴染みます。

2世帯の門柱が引き立てあう外構(外構の施工日誌 大阪府池田市)

2009年10月24日|カテゴリー「庭づくり・エクステリア施工日誌
1024

2世帯でお住まいになられる家で、道路に面して、縦長の敷地です。

ご両親の門柱は、家のボリュームを受け止め、外と家との堺を区切るため、濃い色のタイルの門柱をデザイン。

また、奥には、息子様ご夫婦の玄関があり、赤いレンガの甘い雰囲気の門柱をデザイン。

全体として、門柱は赤色で統一し、床にも赤色のレンガをアクセントに入れ、上質でナチュラルな外構に。


赤いレンガの門柱施工過程

1024-2

1024-3

レンガを積んで門柱を造っています。 
このレンガはギルフォードレンガというイギリス製のレンガ。 自然の温もりと上質な雰囲気を感じる独特の風合いです。

1024-4
家から見た門塀です。レンガが積み終わり、漆喰の壁の下地を造っています。
1024-5
1024-6
漆喰で仕上げです。レンガの袖壁も積んでいます。


お庭の背景のウッドフェンスと床面

1024-7
1024-8
お庭造りに大切な背景造りです。

いざ、お庭に出たけれども、背景が隣地の家だと、どこか落ち着かないもの。

そのため、隣地との仕切りとお庭の背景造りにウッドフェンスを造りました。

床は洗い出しをする予定です。右の写真はその下地の写真。


完成に近づいてきました
1024-9

床も仕上がりました。

これから、植栽工事をしていくと、雰囲気がもっと良くなるので、楽しみです。
タイルの門柱
1024-10

道路に面する玄関は、少し、しっかりした門柱が必要です。

濃い色のレンガの門柱で、上品で、家と道路との境界を明確に見せます。

漆喰と土壁の門塀で、温かみのあるクローズ外構に(外構の施工例 大阪府高槻市)

2009年10月14日|カテゴリー「庭づくり・エクステリア施工日誌
1014
(完成予想図)

建物は屋根に天然石のクールーフを用い、自然な温かみのある外観。

そこで、門柱は笠木にクールーフをもくもくと積み上げた手造り感のあるものに。

そして、その対になる壁は土壁で、漆喰と土壁の温かみのある門まわりをデザイン。

全体としては、防犯を考え、クローズの外構に。


駐車場と玄関前の板塀の完成
1014-2
1014-3
駐車場はコンクリート仕上げ。そして、オータムブラウンのカーテンゲートをつけました。

また、駐車場から直接、玄関に上がりたいという施主様のご希望によって、木製の手造りの階段を。

玄関のアプローチのは壁面は土壁の予定でしたが、汚れる可能性があるため、

タイル張りに。そして、安全上・防犯上板塀を張りました。


門柱の施工過程
1014-4
少し門柱が見えにくいですが、ブロックを積んだ状態です。
1014-5
笠木の石をもくもくと積み上げました。

この石材は建物のクールーフと同じものを使用しました。







1014-6

漆喰の下地を塗りました。

また、笠木の自然石を付けました。










1014-7
漆喰と土壁の門塀が完成。素朴なデザインのアイアンの門扉を付けました。