自然の素材を生かした外構造り (エクステリアの施工例 兵庫県)

523
宝塚市で、無添加住宅のデザインハウス2棟の外構・造園工事をしました。

無添加住宅の家と合うように、「和食のような素材を生かした外構造り」

をテーマにしたデザイン。

工業製品ではなく、すべて、石と木と土の自然素材を用いました。

枕木の門柱、床は土風仕上げ、花壇は丹波大栗石で造りました。

そして、造り込みすぎないよう、素材を生かすことに重点においています。

門柱とアプローチ
523-2
シンボルツリーは自然樹形のモミジが。
漆喰で建物と共通性を持たせています。
523-3
枕木と漆喰の門柱。
523-4
アプローチは土風仕上げの床で、
入り口はV字カットにしているのもデザインのポイントです。
523-5
階段の角は丸みを持たせた仕上げ。
花壇
523-6
523-7

花壇は丹波大栗石を用いて、野面積みという積み方です。

この石材は、色も様々で、ごつごつした重量感があり、素材自体に存在感があります。

少し崩したように石を積んでいて、自然風な造りです。


石の花
523-8
523-9

523-10
コンクリートの土間の床面には石の花が。
この石材も花壇と同じ丹波大栗石です。
あちらこちらに散らばって床面のアクセントに。
隣地との仕切りは枕木でやわらかく
523-11
枕木を並べ、やわらかく隣地との仕切りをしました。
523-12
枕木の前はリナリア・タイムなど宿根草が。
花壇には自然樹形の木と宿根草
523-13
523-14

シンボルツリーのモミジやウッドデッキの前に目隠し用の自然樹形の木が。

低潅木の下には、比較的丈夫な宿根草が植えられています。

アガパンサス、スカビオサ、セントランサスなど、どれも、オススメの美しい宿根草。

外構が自然の素材なので、草花も生き生きして見えます。


施工過程も掲載してます!!

無添加住宅のデザインルーム2棟の外構・造園工事です。

無添加住宅の建物にも合う外構として、

すべて素朴な自然素材を用い、造りすぎず、素材を生かした外構造りをしています。
523-15
523-16

門柱は枕木と漆喰

階段は土風仕上げ

花壇はすべて丹波の大栗石

このような自然素材の外構は、木も草花も、より生き生きして見えます。
523-17
523-18

駐車場の床には、石の花が。

これから、コンクリートを流しますが、完成するのが楽しみです。


○5月14日撮影  土間の工事完了です!!
523-19
523-20
玄関口に土風仕上げの階段があります。

この階段の手前のV字の形がポイントです。
523-21
523-23
床面のコンクリートも完成!!

丹波大栗石の花模様はとても味わい深いです。