「鳥かご」のようなお庭 (お庭の施工日誌 兵庫県)

711
イメージ図面

「家を鳥かごのように木立で囲んで欲しい」

という奥様の言葉から始まりました。

仕事がお休みの時など、木立の間を歩き、緑に癒されるようなお庭にしたいとおっしゃられました。

そのため、様々な高さの木を組み合わせることで、木立の空間を造り、

その空間が家を囲むプランを作成。

そして、「鳥かご」という奥様の発想をコンセプトとして、ロゴも造りました。
711-2

コンセプト

~鳥かごプラン~

鳥かごのように、家を木立で囲むというコンセプト。

高い木や低い木を組み合わせて、木で空間を造るお庭を提案。
そして、その空間が家を囲むというプラン。

緑の空間の中に、少しお花を付け加える植栽に。 1階からも、2階からも、楽しめるお庭にします。


居心地のいいお庭にするために
711-4

木の空間で家を覆いますが、 その際に重要なのが、 床の舗装と、木の選び方です。 

楽しめるお庭にするために、 まず、木は大きくなり過ぎない種類を選び、

下枝が少なく、自然な樹形のものを選ぶと、メンテナンスが少なくても、美しいお庭に。 
次に、床を舗装することです。 
今回は丹波石で舗装します。床を舗装していないと、人が歩くところが確保できず、人がお庭に入れなくなります。


お庭ができるまでの過程のご紹介

施工前の写真

711-5

711-6

デッキと、外周の囲い以外、お庭は特に何もされていない状態でした。

土は固く、木を植えるために、土壌改良が必要です。




施工過程1~木立造り~
711-7

711-8

711-9

まさに、家が木に囲まれています。
二階のバルコニーからも、木が楽しめます。

これだけの木を植えるので、土壌改良をしっかりとしました。
そして、選んだ木は、アオダモ・カツラ・ソヨゴ・シマトネリコ・ヤマボウシ・サルスベリ・コブシ。

カツラは奥様が葉の形がお好きな木。
選んだ木は、自然樹形の木で、下枝が少なく、大きくなり過ぎない種類の木を選びました。  

外周の花壇石は、暖かい色で統一。
これから花壇にも、草花を植えていきます。
お庭も、石を置いて、小道を造っていきます。



施工過程2~床の舗装~
711-10

711-11

床を丹波の大栗石と、砂利で舗装しました。

草花もこれから、植えて、マルチングをしていきます。

人の歩く所を舗装すると、また、お庭の雰囲気が変わります。


オススメの丹波の大栗石
711-12

丹波の大栗石は、とても色鮮やかで、石の質感もあり、とてもオススメの石です。
施工過程3~鳥かごの完成~ 詳しくはオススメのお庭の施工例をご覧下さい。
711-13
木々が家を囲む
711-14
鳥かごの下枠の花壇
711-15

鳥かごの内側