ベニカナメモチ

2688172130fe9042e02b76b55b8ba8c8

新芽が紅くて美しい常緑小高木。

刈込に強く、小枝を密生させるので、生垣によく用いる。目隠しにも便利な庭木です。

よく使われる西洋ベニカナメ(レッドロビン)より葉が小さく、品格がある。

バラ科カナメモチ属

学名:Photinia glabra

原産地:本州(東海地方以西)、中国南部、東南アジア、山地の斜面に多く感想した尾根筋や沿岸地にも自生

刈り込んでもすぐに芽を吹き、小枝を密に出して茂るので生垣として利用されることの多い樹木です。

5月から6月にかけて白い小花をまとまってたくさん咲かせます。その後小さな丸い果実ができて秋に赤く熟します。

■育て方

日当たりのよい場所が適しています。

イラガやテッポウムシがつくことがあるので注意する。