リフォームの庭とエクステリア

76480514fc0f37dd125efa00cd30e3e3

今あるガレージを全部壊して、お花を楽しめる庭にしたいというのがお客様のご要望でした。

それに対して、私たちがまず提案したのは、その前にお庭を引き立てる外構を造ることで、それも建物とつながりを感じられるモノでした。

今回は特に建物の色と、同系色の石材を使って一体感のある外構にしています。

お庭を中心にリフォームを考えていたお客様は少し負担増になりましたが、リフォームこそ全体を考えてから行いましょう。

外構をリフォームしてこんなに変わりました。

before11

施工前

2a5333dcaec45f9797a688493959795715

施工後

建物と庭を引き立てる塀と、花壇

47f012aa395727bafa5853b537703ea9

建物の色と同系色のピンクの砂岩を、塀の笠木と花壇石に使いました。

アプローチと園路

c0d6292e9f28138a698fa87be22ea00e9
fe1919833c4502ded7058dc271ae95c32

植栽

efd169b4d4e96e28103d649714ccc0815

三階建ての建物を和らげるために高木のアオダモと常緑のヤマボウシを建物に沿わせて植えています。

これらは、2階の窓越しからも枝先の緑を楽しめるし、草花の日当たりを妨げることは少ないと思います。

隣のガレージとの酒井には、オリーブ、ソヨゴなどの高木を植えて少し目隠しをしています。

アプローチもこんなに変わりました。

cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b23
施工前
34a98af4ea468ac7671b0f329414eb34

アプローチは自転車の出し入れをするので広めにとっています。

園路も兼ねたアプローチはピンクの砂岩で模様をとり色つきの洗い出し仕上げ。

リフォーム前に扉があった付近は、板袖塀をつけて格好の自転車の隠れ家になりました。

木立の中をいくアプローチはリフォーム前には考えられなかったことです。

リフォーム後記

お客様には他社のプランに比べて少し負担が増えましたが、結果的にはお庭映えして、お客様にも大満足いただけました。