一石の景石がガレージスペースを変えた(大阪府池田市)

スタイリッシュなカーポート
グレー・こげ茶の建物の外観に、LIXILのSC2台分のカーポートが
スタイリッシュに感じられ、かつスケールオーバーにならぬように。
門塀右側のスペースが、デスゾーンではなく、植栽をはさみながらアプローチからの導線を2ヶ所設け、
ゆくゆくはデザイン物置を置いて有効利用出来るスペースに。

ビフォーアフターとプランニング図面

施工前写真
■施工前写真
プランニング図面
■プランニングのイメージ図面
場の雰囲気を決めてしまうSCのカーポートを使って、
シンプルかつクールで+αなデザインに。

景石とカーポート

景石とカーポート

景石に草モノを添えて
カーポート・SCの天井がホテルのロビーの様な雰囲気を感じさせます。

その1本、ブラックの柱の前にどうしても景石を置きたくて
施主様に相談し、ご賛同頂きました。
工業製品と自然石という一見ミスマッチが、
互いの良さを引き出す事になりました。
少し草モノを添えるとより一層、ガレージがお庭空間に変身です。

この景石は富士山の火山岩で、グレーの丸身がかった、この場所にピッタリの石でした。

アプローチ

アプローチ・門塀・宅配
アプローチは門塀・宅配BOXを適所に配し、
それぞれ植栽も絡めて、変化のある導線に。
趣のあるアプローチ
元々建物の入口も見通せないのですが、
進むに連れ場面が展開する、趣のあるアプローチになりました。
ミツバツツジの見えるアプローチ
山採りのアオダモ、ソヨゴ、ちょうどミツバツツジの花が咲く頃、1月からの工事が終了。

門塀

セラウォールRC杉板の門塀
門塀は、タカショーのセラウォールRC杉板300×1200張りで、
打ちっ放し風に。
門灯は、LIXILコービングビームライトで、笠木の様なライン照明。

この門塀のテイストを、道路際の塀にもリンクさせる為、
同素材のセラウォールRC杉板300×1200をタイル貼りにはせず、アルミのCちゃんで受け、セラフェンスに。

道路脇の塀にもリンクさせて

ユーティリティスペース

ユーティリティスペース
打合せ当初、「広いのに使いづらいのでは…」
と施主様も心配されていたこのスペース。
平板を敷き詰め、アプローチからの導線も2ヶ所設けて、
活用し易い空間になりました。
いずれは物置スペースとして
ゆくゆくは、カッコイイ物置を置かれるスペースになります。

タイルが陶板の飛石に

手造り陶板の飛石
建物のポーチに使われていた残りのタイルを、
どこかで生かしたいとの施主様の思いで、『陶板』が出来ました。
同じタイルを3枚張り合わせれば、素敵な陶板です。
ガレージ奥のお庭へ通じる路地庭に。