和の要素を取り入れたナチュラル外構(兵庫県宝塚市)

DSC_06732
兵庫県宝塚市に、和の要素を取り込んだナチュラルな外構が完成しました。
少し和が感じられる外構にしたいというのがお客様のご要望でした。
そこで、植栽や色遣い、素材等で和のテイストを出した外構プランに。
また、玄関先には、アプローチから続いていく小さな和のお庭も造りました。

≪施工ポイント≫


白と黒の組合せで和のテイストを。

築山を造る造園的手法による和の庭。

車庫、アプローチ、庭間のスムーズな動線




ビフォア―アフターとプランニング図面のご紹介

5bc9fc4d63d4a0ab3f0efe11bd966220
■施工前の写真
前面道路の勾配がかなりあり、スムーズな車庫入れと
アプローチをどうとるかが難しい状況でした。
1014b9a8f5ac6d188fe8f433295af6a8
■プランニングのイメージ図面
車庫部分が殺風景にならないよう緑を取り入れ、
門塀右の植栽部分とも繋がっていくようなプランにしました。
DSC_01901
■完成写真
和テイストのナチュラルなオープン外構が完成しました。

和テイストな手作り感のある門塀

DSC_01731
門塀は、白の塗り壁に笠木と堀のアクセントに、黒レンガを使った和の白黒の組合せで造りました。
和テイストな手作り感のある門塀に。ポーチタイルも黒です。

アプローチ

DSC_06761
DSC_0185
アプローチを幅広のポーチ、階段より少し狭めて造ることにより、花壇のスペースが出来ました。
この花壇に植栽を入れる事によって道路からの丸見え感がなくなり、ガレージとの縁の仕切りにもなり、
門塀を挟んで緑が繋がりました。
また、大和錆石を乱張りで造ったアプローチと階段は、庭へのスムーズな動線にもなりました。

植栽と土留め

DSC_0678
DSC_0180
DSC_0183
元々の間知石積みが残されたこの土の部分はいろいろな役目を果たすことになりました。
ブロックを積み足す他の外構的手法ではなく、築山を造る様な造園的手法によって、 玄関先に小さな和の庭が出来ました。
飛石の階段で掃き出しのある庭への小径が出来、ミツバツツジとアセビ、草花も楽しめるお庭になりました。
間知石積みの天端のコンクリート部分は這性のブルーパシフィックで2、3年の内に覆われて気にならなくなります。

主庭のフェンス

DSC_0179
主庭のフェンスは黒の縦横格子で、少し和を演出。 ウッドフェンスは黒のアルミパイプでしっかりブロックに取り付けています。