緑に囲まれたテラスガーデン(兵庫県尼崎市)

DSC_04141

兵庫県尼崎市に緑に囲まれたテラスガーデンが完成しました。

≪施工ポイント≫

花壇以外はすべて平板を敷きつめ、メンテナンスフリーに。

花壇は手入れしやすいように同じ平板で高さのある花壇に。

既存塀の前に格子状のウッドフェンスをしてお庭の背景に。

塀から離して花壇を造り、隣地への落葉・枝張りの心配を軽減。

ビフォアアフターとプランニング図面

DSCN5594
CAD1
DSC_0313

草ひきや掃除などのメンテナンスには時間を掛けず、

でも色々な植木や草花は楽しみたいとのお施主様のご希望でした。

植栽する部分以外は草ひきの必要のない平板を敷き、

植栽部分は、曲線のフラットな花壇と、同じ平板で造った高さのある花壇を造りました。

掃出しの窓の前に枕木のステップを造り、スムーズに出入りがきる動線を造ります。

 

デッキの前には隣地からの目隠しに高木の花壇を

DSC_0392

既存のデッキの前に花壇をもうけています。

デッキに出た時によりお庭との一体感が感じられるように高木を植えました。

この高木の植栽は隣地からの高い目線の目隠しにもなります。

お庭の背景にウッドフェンスを

DSC_0380

床と花壇をキレイにしても、背景がよくないとお庭は台無しです。

コの字型に囲まれたブロック塀の前に少し高めに格子状のウッドフェンスをめぐらし、

風通しよく圧迫感の少ない、そして見映えのよい背景を造りました。

 

DSC_03714

お庭に面している掃出し窓が多いので、少し高い背景を造ることによって、

カーテンを開けて庭と部屋が一体に感じられるようになりました。

平板のアクセントに

DSC_03821

ユニソンのリビオという300×600の平板のベージュ・グレー・ブラウン

の三色をミックスして敷きつめていますが、

その定型の平板の中に、平板の切れ端を組み合わせてアクセントの紋様にしています。

メンテナンスを考えて

DSC_0400

植栽は塀際まで作りません。

花壇を後ろに回ってメンテナンス出来るようにしています。

DSC_0387

塀から距離と取って花壇を造っているので、隣地への落葉も気にせず、メンテナンスも楽に緑を楽しんでいただけます。