バリ風のウッドデッキにリフォーム(大阪府豊中市)

3f95419810e3ffeef46d8f4fd1a4fb2c

ウッドデッキが傷んで、家族が遠ざかっていた中庭。

とりあえず、ウッドデッキを張り替えて欲しいということでしたが、それなら、お庭の背景を造ることを提案しました。

実は、ウッドデッキ造りで一番大切なのは、お庭の背景造り。

そして、お客様の想いを引き出しデザインから施工までお客様と話し合って造り上げました。

リフォームをしてこんなに変わりました。

cbbef44634b6ea0f238e0a72ed348a4b14

施工前の写真。

ウッドデッキが傷み、足が遠ざかっていた中庭。

2a5333dcaec45f9797a68849395979579

ウッドデッキの張り替えはもちろんのこと、楽しめる演出をしたお庭造りを提案。

ウッドデッキ全体は、バリ風の雰囲気に。

そして、ウッドデッキの一角にはチャイニーズのお庭を造りました。

ウッドデッキ造りで一番大切な背景

d016d67a8fb7cda84d55a4ab5bfa1f88

プラスティックのタカショーのエコ虎竹で、バリ風の御簾垣を造りました。

もともと、海外赴任が多いご夫婦で、バリ風もお好きとおっしゃっていたので、ウッドデッキにバリ風のお庭を造ることにしました。

御簾垣に入れているレリーフは奥様がコレクションされていたもの。

また、垣根の入り口は植栽をし、奥行きを出しています。

すべて自社スタッフだからこそ完成することができました。

ab8edfdadb6b4bbff9943cb052ddbb09

ウッドデッキの上には、ターフをつけるための柱をたてています。

このウッドデッキは、奥様の想いを受け止め、自社スタッフがデザイン・施工したオーダーメイドのデッキ。

もちろんプランニングの段階でも打ち合わせを重ねましたが、施工現場でも奥様の感性と合わせてデザインが変化しました。

30bfcaaec2490c5bce62a43c76fcb9bc

奥様のお好きなギボウシを埋め込むスペースを造りました。

完成後も楽しんで下さっているお庭

a99bfb5709fd7acce6c23100edc9c74e2
こちらは、完成当初の写真です。
b823a29f4d1d625cdb87f32391fd25cc

完成して1年後にお伺いすると、バリ風のファーニチャーを置いて楽しんで下さっていました。

そして、ターフをかけ、夏場もお庭に出て下さっています。

本当の木材だから愛犬も寛ぐ

6633254c418d72704f031baa7e47eacd

ウッドデッキのお庭で愛犬が寝そべって寛いでくれていました。

これも、本物の木だからこそ、できることです。

これを撮影したのは、初夏でしたが、人工木材だと暑くて、こんなに寝そべったりできないと思います。

使っている木材はアイアンウッド。

完成して一年が経ち、色は白くはなっていますが、固たい木材なので、丈夫です。